HGUC クロスボーン・ガンダムX2改 レビュー

今回は、HG 1/144 クロスボーン・ガンダムX2改のレビューをご紹介します!

HG クロスボーン・ガンダムX2改は、『機動戦士クロスボーン・ガンダム』に登場するMS『クロスボーン・ガンダムX2改』の1/144スケールモデルキットです。X2系特有のブレードアンテナと頭部形状に加え、背部スラスターの一部形状、専用の大型武器であるバスラーランチャーを新規造形で再現。特有の黒いカラーリングが印象的なキットになっています。価格は2,200円(税込み)。プレミアムバンダイ限定の商品です。

木星帝国が、海賊軍(クロスボーン・バンガード)から鹵獲したX2を改修した機体『クロスボーン・ガンダムX2改』がHGUCでキット化。プレミアムバンダイから発売されたHGUCクロスボーン・ガンダムX2をベースに、X2改の特徴的な背部スラスター、バスターランチャーが新規造形で再現されています。※大元はHGUCクロスボーン・ガンダムX1

成型色はX2と同じく、深いダークブルーをベースに、各部にイエローやライトブルーを配色。

シールは胸のクロスボーン・バンガードエンブレムや各部丸モールド、背部スラスター各部、膝装甲などを補います。素組みでもある程度の色分けが再現されていますが、ビームザンバーやバスターガンなど武装類の一部は塗装が必要です。

関節や内部パーツにはグレー成型色のKPSを使用。小型キットで小さいパーツも多いので、頭部ドクロレリーフなどパーツの紛失には注意が必要です。

ポリキャップはPC-002を使用し、全て使い切ります。背部に十字のスラスターを装備しているため、多少後方に比重がかかりますが、関節強度がまずまず高めなので自立は安定しています。

バスターランチャー、シザーアンカー、ビームザンバー(ビーム刃付き)、ビーム・サーベル(サーベル刃、柄)☓2、バスターガン、ヒート・ダガー×2、足裏用ダガー×2、ビーム・シールド、ブランド・マーカー用ビーム刃×2、ハンドパーツ各種(握り手:右、手首角度付き:左右)、排熱仕様のフェイスパーツが付属。X2で付属していたABCマントやコアファイターユニットは省かれています。

背部推進器ユニットのパーツが余剰で付属。組み替えることでX2本体を再現することも可能です。(推進器ユニットのダクトを補うシールは付属せず。)

頭部はX2と全く同じ。特徴的な羽状アンテナやモールド入りの左右装甲、額のドクロレリーフなどが印象的に造形されています。

メット部は前後の組み合わせですが、合わせ目は段落ちモールド化。

排熱仕様のフェイスパーツが付属し、組み替えることで強制排熱状態が再現可能です。

胴体部はX2やX1と全く同じ形状。ダークブルー成型色でまとめられています。胸部中央のクロスボーン・バンガードエンブレムはシールでの再現でモールドは造形されていません。両肩のビーム・ガン砲口はシールでの色分け。胸板の装甲に造形された左右のフックは白に塗り分けが必要です。


脚部もX2、X1から変わらず。全体がダークブルーでまとめられています。膝のダクトはパーツでの色分け。膝上部のモールドはライトブルーのシールを貼っての色分けです。

大腿部、膝から下共に左右の組み合わせですが、大腿部の前後合わせ目は段落ちモールド化。膝から下は合わせ目ができますが、膝が分離するので合わせ目を消すのはラクそう。ふくらはぎ裏のヒートダガー脱着ギミックはなし。

ソール部はX2から変わらず。脚部と同様、X1からずっと変化していない箇所です。足裏はつま先側に肉抜き穴があります。

背部にはX2改の特徴であるシャープな骨十字型スラスターを装備。先端が鋭利に造形されたことで、X2からシルエットが少し変化しています。

背部スラスターをX2のものと比較して。X2改は表面の装甲が新造。先端が二割れの爪状の装甲に変化しています。先端部分はライトブルーのシールで、側面の4基ダクトは黄色いシールでの色分けです。

裏面の形状はX2と同じ。

バーニアは組み替えることで角度変更が可能。表面の装甲は1個パーツ構成で、2基の小型バーニアは簡易的な作りになっています。小型バーニアはグレーに塗り分けが必要。

基部は十字型のジョイントパーツでX2などと同じ。

バックパックもX2などと同じ1個パーツ構成で簡易的な作りになっています。2ダボ接続。

背部スラスターは基部がボールジョイント接続で展開したり折りたたんだりすることができます。1基ずつ回転させることも可能。

HGUCクロスボーン・ガンダムX2と並べて。成型色は同じです。背部スラスターの形状が特徴的なので違いがわかりやすいですね。

X2との違いは、背部スラスターの形状が違うのと、付属武装がショットランサーがバスターランチャーに変更され、ABCマントが付属していません。それ以外は同じです。

ビームザンバー、バスターガンは成型色、形状共にX2に付属しているものと同じ。X1からクロスボーン・ガンダム各種に付属している定番の武装になります。ビームザンバーのガードやバスターガンの装甲の一部などは黄色く塗り分けが必要。

ビームザンバーはグリップが細身でふらつきやすいですが、迫力ある斬撃シーンを再現することができます。ふらつきやすいぶん、手甲パーツがヘタっているとハンドパーツがバラけやすくなります。

バスターガンは手首が斜めのハンドパーツが付属し、グリップとダボ固定できるのでしっかりとした保持が可能。センサー部分は赤いシールでの色分けです。

シザーアンカー。X2、X1改に付属しているものと同じです。通常の腰部フロントアーマーと組み替えて使用します。

その他、保持用と足裏用のヒートダガーも付属するので、軽快なポーズも取らせることができます。バスターランチャーにヒートダガーにと、遠距離射撃や近接戦闘も思いのまま。

以上です。成型色はX2から変わらずですが、ダークブルーのカラーリングは渋いですし、特徴的で存在感のある背部スラスターによってX2とは違ったスタイルが楽しめるのがいいですね。棘感のあるスラスターは目を引きますし、それによってポージングに強いインパクトが感じられるようになっています。

気になる点はあまり無いですが、手甲パーツが外れやすくなってくるとちょっとしたストレスを感じるようになるかも。新造されたバスターランチャーは作りが簡易的で合わせ目も出るので、もう少ししっかりとした作りになっていると良かったですね。

それでもバスターランチャーを使った射撃ポーズに迫力がありますし、グリップが可動するなど保持もしやすくなっているのでストレスは少ないです。X2とはちょっとした変化になりますが、そのちょっとした変化が大きな魅力に感じるキットになっているのがいいですね。

EC0DD8ED-5246-463D-819A-611E7A1C2146.jpeg




人気記事

更新ブログ情報

RSS取得