MG ガンダムTR-1[ヘイズル・アウスラ] レビュー

今回は、MG 1/100 ガンダムTR-1[ヘイズル・アウスラ]のレビューをご紹介します!

MG ガンダムTR-1[ヘイズル・アウスラ]は、『ADVANCE OF Z ~ティターンズの旗のもとに~』より、『ガンダムTR-1[ヘイズル・アウスラ]』の1/100スケールモデルキットです。胴体部やウィンチキャノン、ロングブレードライフルの一部などを新規造形で再現。フルアーマー形態の特徴的な機体形状が再現されたキットになっています。価格は8,800円(税込み)。プレミアムバンダイ限定の商品です。


脚部ダクトやスネのセンサーなどをホイルシールで補いますが少なめ。塗装が必要な箇所もダクト内部などくらいでそれほど多くはなく、素組みで十分な色分けが再現されています。

ポリキャップ(PC-130B)を使用し、組み立て直後の関節強度は高め。背部にトライブースターユニットを背負っていますが、中央のシュツルム・ブースターを下げた状態だと比重がかからず自立は安定しています。内部フレームはABSで、その他のパーツ(トライブースターユニットの一部やロングブレードライフルの基部など)はKPSが使用されています。

キットの組み立てには『ヌルっと切れる片刃ニッパー』を使用しています。(一度切りです。) ⇒ヌルっと切れる片刃ニッパー

ロングブレードライフル、ロングブレードライフル用ジョイントパーツ、シールドブースター、シールドブースター用ジョイントパーツ、プリムローズディスプレイ用ジョイントパーツ、ウィンチキャノン射出状態再現用のリード線、ビームサーベル刃が付属。


頭頂部のセンサーはクリアーグリーンパーツでの色分けです。センサーのハッチは開閉可能。

センサー内部はクリアーグリーンパーツでの色分け。ツインアイはシールなどでの色分けはありません。

胸部から腹部。プリムローズを中心に、右脇にウィンチキャノンをアーム接続。左にはミサイルポッドやチャフ散布複合ユニットを備えたウェポンラッチを装備しています。

プリムローズはダクトなどがパーツによる色分け。ダクト内部はグレーに塗り分けが必要です。装甲は縦に合わせ目ができます。単純なパーツの組み合わせなので合わせ目を消すのはラクそう。センサーはグリーンのシールでの色分けです。

コックピットハッチは開閉可能。内部にはパイロットフィギュアが格納されています。


ミサイルポッド(マイクロミサイルポッド・バインダー)パーツ。構成するパーツ数は少ないですが作りはまずまずです。表面の赤いポッドはシールでの色分け。基部はスライドや角度変更が可能です。

腰部にはアドバンスド・ヘイズルと同じサブアームユニットを装備。

サブアームは上下、付け根の回転、アームの展開など様々な動きが可能。

アームの爪が展開可能で、武装類を保持させることができます。裏打ちパーツも造形。

腰部はヘイズル改などと同じです。サイドアーマーにはビームライフルのマガジンを装備。腰アーマー裏はリアアーマーのみ裏打ちパーツが造形。フロントとサイドはモールドのみ造形されています。

リアアーマーのスラスターはパーツで色分けされています。


ソール部はアドバンスド・ヘイズルと同じ。ヘイズルの扁平なソールに脚底部補助スラスター・ユニットを装備した形です。後部に合わせ目ができます。黄色いダクトパーツを挟み込むので、合わせ目を消すのは手間そう。

背部トライブースターユニット。ヘイズル2号機のものと同じです。2基の可動式ユニバーサル・スラスター・ポッドと、後部の大容量プロペラントタンクを兼ねたテール状シュツルム・ブースターで構成。

バックパック本体はヘイズル改などのものと同じ。ダクトはパーツで、センサーはグリーンのシールで色分けされています。


ユニバーサル・スラスター・ポッドの基部は角度変更が可能。

シュツルム・ブースターは上下に可動します。

MG 緊急脱出ポッド[プリムローズ]拡張セットと既存のキットを組み合わせた状態のヘイズル・アウスラ(画像右)と並べて比較。成型色や形状なども全く同じです。組み合わせた方は経年でヘタれて股間部などが弱くなっていました。他のキットが揃えられなかったり、組み換えるのが面倒な場合は、このすべて揃ったヘイズル・アウスラを入手するといいですね。

右のヘイズル・アウスラの組み合わせ構成は以下のとおりです。(すべて別売りです。)

以上です。プリムローズを含め、サブアームユニットや背部トライブースターユニット、ウィンチキャノン、ロングブレードライフルといった武装によって重量感あるヘイズルが楽しめますし、普通にディスプレイさせるだけで十分な迫力が味わえるのがいいですね。プリムローズやウィンチキャノンの作りもよく、変形や展開させるだけでさらに迫力がアップします。

気になる点としては、ヘイズル改ベースなので股間部がどうしても弱く、ヘタれると開脚したり、浮かせてディスプレイさせるとヘナっと足が閉じたりするので、好みのポーズを再現したいなら、早くから補強が必要となってきそうです。重武装で干渉もしやすいので、派手なポーズを演出というわけにはいかなそうです。

BCDFDB02-277A-4369-BFA8-31B4A33E50D5.jpeg




人気記事

更新ブログ情報

RSS取得