HGBD:R ガンダムダブルオースカイメビウス レビュー

今回は、HGBD:R 1/144 ガンダムダブルオースカイメビウスのレビューをご紹介します!

HGBD:R ガンダムダブルオースカイメビウスは、 『ガンダムビルドダイバーズRe:RISE』に登場するガンプラ『ガンダムダブルオースカイメビウス』の1/144スケールモデルキットです。特徴的な白い機体カラーを成型色で再現。ショートライフルとの合体やライフル形態への変形、ソード形態などが再現可能なバックパックパーツ、光の翼エフェクトパーツといった特殊な装備を持つキットになっています。価格は2,640円(税込み)です。

前作『ガンダムビルドダイバーズ』主人公のミカミ・リクが使用し、Re:RISEではヒトツメとのラストバトルに参加したガンダムダブルオースカイの改修機『ガンダムダブルオースカイメビウス』がHGBD:Rでキット化。2018年8月に発売されたHGBDガンダムダブルオースカイ(以下、ダブルオースカイ)をベースに、白い機体カラーと特徴的な武装や各部装甲などが新造されたキットです。

成型色はホワイトとクリームホワイトの2色がメインで、各部にブルーやダークブルー、イエローなどを配色。関節や武装類はシンプルなグレー成型色でまとめられています。シールは頭部や膝の小センサーを補うくらいで、素組みで十分な色分けが再現されています。

大元のベースはHGダブルオーガンダムで、四肢関節や腰部内部パーツなどにはダブルオーガンダム用のパーツが使用されています。

ポリキャップはPC-001を関節各部に多数使用し、組んだ直後の関節強度はまずまず高めで自立も安定しています。背部(肩部)にアームドウイングバインダーを装備していますが、自立に影響はありません。

キットの組み立てには『ヌルっと切れる片刃ニッパー』を使用しています。 ⇒ヌルっと切れる片刃ニッパー

シールはグリーンの部分が広めに用意してあるので、お好みの形状にカットして使用することもできそうです。

ビームライフル☓2、ビームサーベル(左用、右用)、平手(左)が付属。

メビウスドライヴユニットのエフェクトパーツ☓2、スカイブレイサー兼スカイレガース用のエフェクトパーツ☓2、メビウスビームキャノン用のビーム刃☓2が付属します。

その他、説明書に「お好みで組み立ててください。」と記載されているビームライフル、バスターソード、ロングライフル、「ご自由にお使いください。」と記載されているジョイントパーツが付属します。

HGダブルオーガンダムやHGBDガンダムダブルオースカイ用の余剰パーツもいくつか付属。ダブルオースカイ用のパーツがすべて揃っているので、カラバリのダブルオースカイを組むことができます。

各部をダブルオースカイと比較しながら見ていきます。

背部はダブルオースカイと同じ。

ダブルオースカイと同じく、胸のクリアーグリーンパーツを外すとアストレイノーネイムとのバトルで追った傷がそのまま残されています。表面のクリアーグリーンパーツは少し濁りが入ったおもちゃ感のないタイプですが、ブラックライトで照らしても発光はしませんでした。腰アーマー裏にモールドは造形されていません。

腰部フロントアーマーの装甲は脱着が可能で、ビーム刃とサーベル柄と組み合わせることでビームサーベルを再現します。

腕部のダブルオースカイと並べて比較。大部分はダブルオースカイと同じですが、前腕の装甲パーツが新造されています。肘関節はHGダブルオーガンダムからの流用で、側面にはクリアーパーツによるGNコンデンサが造形されています。

二の腕は筒型で合わせ目はありません。前腕は左右挟み込みタイプですが、中央の合わせ目は段落ちモールド化。手首側に合わせ目ができますが、肘から分離するので合わせ目を消すのはラクそうです。エフェクトパーツマウント用の3.0mm穴は1基のみとなっています。

大腿部は前後挟み込みタイプで側面に合わせ目ができます。消す場合は後ハメ加工が必要そう。膝から下は段落ちモールドや各部に装甲を被せるタイプなので、アキレス部分に少し合わせ目ができる程度です。気になる場合は膝から分離可能なので消しやすいかと。

ダブルオースカイと同じく、膝のスカイレガースは上下にスライド可能。上下それぞれの位置でカチッと固定されているので、動きやフラつきはありません。こちらもダブルオースカイでは3基だったエフェクトパーツ用3.0mm穴が1基のみとなっています。

後部の羽根装甲は適度に可動。

ソール部をダブルオースカイと並べて比較。つま先が爪状のシャープなものに変更されています。

かかとやつま先はラッシュポジション用に角度変更が可能。かかと、つま先共に裏面にはモールドや肉抜き穴があります。

前面の装甲は基部が回転やヒンジによって展開が可能。装甲裏にモールドは造形されていません。

GNドライブが造形されたバインダー部分は基部がポリキャップ接続で回転、脱着が可能。バックパックからの接続アームはHGダブルオーガンダムからの流用で、内側などに肉抜き穴があります。

その他、基部も少し上下可動しますし、GNドライブの外側にある3枚羽根や白い装甲もそれぞれ展開可動します。

バックパック本体はラッシュポジション用にアームによってスライド展開が可能。下げると背部に重量がかかり、背部に倒れやすくなるので注意が必要です。

接続用アームはダボ固定ですが、経年などで劣化してくると外れやすくなってバックパックが自然と下る場合があるので注意が必要です。

背部は2ダボ接続になっているので、付属のジョイントパーツを使うことで他キットのバックパックを装備させることもできます。

HGBDガンダムダブルオースカイと並べて全身を比較。ダブルオースカイはヒロイックさが表現されているようですが、ダブルオースカイメビウスはカラーリングや新造された各部によってアップグレード感や強化された感じがうまく表現されているようです。

背部ユニットを外した状態でも比較して。

各部可動域はガンダムダブルオースカイとほぼ同じです。肘はV字程度までですが、腰や股間部、膝、足首などは幅広く展開させることができます。

可動域の詳細については、以下のリンクからHGBDガンダムダブルオースカイのレビューをご参考くださいm(_ _)m

⇒HGBDガンダムダブルオースカイ レビュー

一通り武装して。

ビームライフルは特にぽろりや保持の難しさなどもなく、グリップでしっかりとつかめるので取り回しがしやすいです。肩のアームドウイングバインダーもバックパックからのアーム接続によって自由に展開できるため、腕部への干渉もありません。

背部のメビウスビームキャノン前後の砲口を変えることで、ハイマットフルバーストモードに。

基部をそのままスライドさせての射撃モードにすることも可能です。

メビウスビームキャノンはビームライフルと連結させることも可能です。

連結させることで重量感のある武装に変化。ポーズに迫力が出ます。手首が重量でタレやすいので注意が必要です。

メビウスドライブユニット用のエフェクトパーツ。HGBDガンダムダブルオースカイ(ハイヤーザンスカイフェイズ)からの流用で、こちらラメ入りのはクリアーグリーン成型色になっています。

アームドウイニングバインダーの3枚羽根パーツを展開し、エフェクトパーツを組み付けます。形状に合わせてダボ固定されるので、保持強度は高めです。

エフェクトパーツを取り付け、メビウスドライブユニットの光の翼を展開。

HGBDガンダムダブルオースカイ(ハイヤーザンスカイフェイズ)と並べて比較。ハイヤーザンスカイフェイズは特別仕様なので、成型色も特殊なものになっています。メビウスのほうが全体的に締まった感じがありますね。

ポージング時でも特にエフェクトパーツは邪魔にならず、特別ぽろりや不自由さもなかったです。なぜか造形的なバランスが装備前よりも良くなったような気も。


以上です。大部分の形状がベースのHGBDガンダムダブルオースカイそのままですが、カラーリングと特殊な武装、エフェクトパーツによってベース機とはだいぶ印象の違ったキットに仕上がっています。ダブルオースカイがデスティニーガンダムを意識した攻撃態勢だったのに対し、こちらはハイマットフルバーストや2丁拳銃といったストライクフリーダムを意識しているようなスタイルでかなり印象が違っているのがいいですね。


A0EF432F-215E-4B2A-961E-3825C91E299C.jpeg

人気記事

更新ブログ情報

RSS取得