MG ウイングガンダムゼロEW Ver.Ka レビュー

今回は、MG 1/100 ウイングガンダムゼロEW Ver.Kaのレビューをご紹介します!

MG ウイングガンダムゼロEW Ver.Kaは、 『新機動戦記ガンダムW Endless Waltz』に登場するMS『ウイングガンダムゼロ』のカトキハジメ氏完全監修版1/100スケールモデルキットです。生物的な羽を持つ特徴的な機体形状を完全新規造形で再現。関節機構や変形機構の徹底的な検証により、可動域の拡大やネオバード形態へのスムーズな変形を実現したキットになっています。価格は6,050円(税込み)です。

主人公『ヒイロ・ユイ』が搭乗し、天使を髣髴とさせる特徴的なウイングを持つ機体『ウイングガンダムゼロEW』がVer.Kaでキット化。MGでは2004年10月に発売されたMGウイングガンダムゼロ(エンドレスワルツ版)(以下、MG版)以来、16年ぶりの立体化となっています。(プレバンを除く。)

成型色はメタリック感のあるブルー2色と清潔感あるつや消しホワイトをメインに、部分的にレッドやイエローを配色。内部、関節パーツ類はグレー成型色でまとめられ、クールでヒロイックなカラーリングが再現されています。シールは各部センサーを補うのみ。塗装もほぼ必要がなく、素組みで十分な仕上がりになっています。

各部外装や背部ウイングなどのパーツにはアンダーゲートが採用されていて、極力ゲート跡が目立たないようにしてあります。

ポリキャップは不使用。強度が必要な箇所にはABSが使用され、関節や内部パーツにはKPSが使用されています。関節強度はまずまず高め。背部に特有のウイングを装備しているため後方に比重がかかりますが、ウイングをバランスよく配置すれば自立は可能です。

シールド、ツインバスターライフル、ビームサーベル刃☓2、大気圏突入モード用ジョイントパーツ、ネオバード形態用ジョイントパーツ、ディスプレイ用ジョイントパーツ2種、指パーツ(平手用:左右、武器持ち手用:左右、握り手用:左右)、ヒイロ・ユイフィギュアが付属。

ダークグレー成型色のスライドロック式アクションベースが付属します。

余剰パーツがいくつか付属します。

水転写デカールが付属。塗装派には嬉しい配慮ですね。特別専用のエンブレムなどはないですが、コーションタイプのマーキングが多数付属しています。

MGウイングガンダムゼロEW(手持ちのプレバンから発売されたMG ウイングガンダムゼロ EW&ドライツバーク[スペシャルコーティング]、以下、MG版)と比較しながら各部を見ていきます。

頭部をMG版と比較。一見するとそれほど大きな違いはないですが、各部のモールドが深くなって洗練された印象。メット部は左右挟み込みタイプですが、後頭部の合わせ目は段落ちモールド化されています。

ツインアイやとさか前後のセンサーはクリアーパーツにシールを貼っての色分けです。

側面のウイングはゼロシステム用に展開が可能です。別パーツで細かく色分けされるなどメリハリのある作りになっています。


胴体部。かなり細かいパーツ構成になっていて、エアインテークの装甲や胸板のアンテナなども別パーツで色分けされています。リアアーマーを含め、MG版と比べても造形的な密度感が違っています。

胸部内部フレーム。左右の装甲は外装パーツによる構成なので、内部フレームは簡易的なものになっています。サーチアイはグリーンのシールを貼り、その上からドーム状のクリアーパーツを被せる仕様。

肩部の装甲は開閉が可能。展開することで内部のマシンキャノンが露出します。マシンキャノンは手前にグッと引き出せますし、上部に向けることも可能です。

コックピットハッチは手前に開閉が可能。内部にはタンクトップ姿のヒイロ・ユイフィギュアが格納されています。

腰アーマー裏は各部とも裏打ちパーツが造形。細部まで丁寧に作られています。

腕部をMG版と並べて比較。こちらもフォルムに大きな変化はないですが、モールドが細かく造形され、ショルダーアーマーや前腕装甲などもパーツによってリアルに色分けされています。

腕部内部フレーム。

二の腕は筒型で合わせ目はなし。前腕も白、青装甲共に左右挟み込みタイプですが、合わせ目は段落ちなどでモールド化されています。ハンドパーツは親指のみ可動し、残りの4指は組み換え式。

前腕はロール可動します。

前腕の装甲をスライドさせることで、ツインバスターライフルを安定して保持するためのジョイント部が露出。ただし前腕をロールさせていると展開しないので注意が必要です。側面の赤いウイングも収納が可能。センサーはクリアーパーツにグリーンのシールを貼っての色分けです。

大腿部は前後挟み込みタイプですが、膝を曲げると展開する構造なので合わせ目という概念ではありません。ふくらはぎ左右の装甲やアキレス部分の装甲が展開可能。こだわりのある作りになっています。

膝を曲げると大腿部や膝の装甲も合わせて展開。ふくらはぎの装甲を展開させることで、膝を完全に曲げることが出来るようになっています。

ソール部もメカニカルな作りに。後部の装甲は展開が可能です。

つま先は変形用に伸ばし切ることができ、つま先も反らせることが可能です。

ウイングは特有の生物的な形状を再現。本体とのバランスも良いようです。

内側にはバスターライフルマウント用のアームが造形。

大羽根用のアームは複数パーツの組み合わせで、ボールジョイントによる接続やスイング可動によってフレキシブルに可動します。

MG ウイングガンダムゼロ EW&ドライツバーク[スペシャルコーティング])と並べて全身を比較。プロポーションにそこまで大きな違いはないですが、各部の作りや細部の情報量がかなり違っています。MG版の方はだいぶヘタれてきてウイングの配置が不安定でした。ゴム素材の小翼もぽろり頻度が高いです。

ウイングを外した状態でも比較。サイズが少し違っているようで、Ver.Kaのほうが少し大きめに作られているようです。ちなみに基部形状が若干違っているので、ウイングを交換したりして組み換えることはできないようでした。

ハイレゾのウイングガンダムゼロEWとも並べて。ハイレゾの方はかなりのアレンジが加えられています。Ver.Kaのオーソドックスさがよく分かりますね。

頭部の上下可動はそれなり。あまり広くは可動しないようです。左右へは干渉なくスイングさせることができます。

腕は水平まで上げることができます。肘は完全に折り曲げることが可能。

立膝はラクに再現することができました。

可動域の総括としては、これだけの精密感がありながら、各部の可動域も十分に確保されているので、様々なポーズが演出できそうです。関節強度も高くぽろりもないので、安心してポージングを楽しむことができるかと。ただ、股間部の構造が複雑なので、グリグリ動かしすぎて破損させてしまうのは避けたいところです。

MG版と並べて可動域を比較。MG版も可動域は広めですが、左右への開脚幅などが大きく違っています。

ツインバスターライフル。バスターライフル2本で構成され、平行連結させることが可能な2連装型バスターライフルです。

各部とも段落ちなどでモールド化され、合わせ目が出来ない構造になっています。センサーはグリーンのシールを貼っての色分け。クリアーパーツは使用されていません。

ビームサーベル刃はクリアーグリーン成型色。グリップとはダボ固定なのでしっかりとした保持が可能です。関節各部の強度が高いので、意外とグリグリ動かしてもぽろりなどがなくポージングさせやすいです。

大気圏突入モードは、ショルダーアーマーを外側に引き出して下げておきます。そしてフロントアーマーにジョイントパーツを取り付け。

大きい羽根は前方に展開してジョイントパーツに接続。つま先は伸ばしておきます。

背部のウイングを左右に開いたら、大気圏突入モードへの変形完了です。

マシンキャノンを展開。

以上です。MG版では脚長な印象がありましたが、Ver.Kaではウイングゼロの特徴を活かしつつ、プロポーションバランスの良いキットに仕上がっていると思います。MG版のようなぽろりや武器保持の難しさといった不満点は少ないですし、細かいパーツ構成によって情報量も多くなるなど高い完成度を持ったキットに進化しています。

気になる点としては、若干バスターライフルの保持に不安定さがあるので、できれば固定式の武器持ち手が付属していると良かったですね。複雑な変形機構ではあるものの、ネオバード形態の迫力や存在感は実物でこそ味わえるならではの良さがありました。


A0EDA466-6F05-4386-8E35-F73C06EBD9C1.jpeg



人気記事

更新ブログ情報

RSS取得