HG 百錬(アミダ機) レビュー

HG 百錬(アミダ機)は、『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』に登場するMS『百錬』のアミダ・アルカ専用カラー1/144スケールモデルキットです。アミダ機特有のピンクのカラーリングを成型色で再現。ライフルカノンや片刃式ブレードに加え、新規武装のアサルトライフルが付属し、豊富な武装類によって様々なアクションポーズが再現可能なキットになっています。価格は1,320円(税込み)です。

タービンズのアミダ・アルカが搭乗し、昭弘・アルトランドのグレイズ改と戦闘を繰り広げたテイワズ開発機『百錬(アミダ機)』がHGでキット化。接近戦を得意とし、重装甲でありながら高い汎用性を持つ特徴的な機体形状が再現されています。

成型色はピンクを主体とし、ダークブラウンやホワイトを各部に配色。女性の搭乗を印象付ける機体カラーになっています。関節や内部パーツはダークブルーやグレー成型色。頭部のカメラアイや肩部、胸部の三角モールドをシールで補うくらいで、素組みで十分な色分けが再現されています。一部は塗装が必要です。

実機では内部に「テイワズ・フレーム」が設定されていますが、このHGでは背部のエイハブ・リアクターなど、露出している箇所のみの再現となっています。

ポリキャップはHG鉄血のオルフェンズシリーズ定番のPC-002を使用。肩や腰、脚の付け根、膝、足首といった定番の箇所に使用します。肘はパーツによる組み合わせ構成。内部パーツにはKPSを使用し、関節強度は高めです。ソールがかなり小さく、多少の不安定さはありますが、足首の可動に柔軟性があるので自立は可能です。

キットの組み立てには『ヌルっと切れる片刃ニッパー』を使用しています。 ⇒ヌルっと切れる片刃ニッパー

JEE-202片刃式ブレード、JEE-205 130mmアサルトライフル、JEE-201 100mmライフルカノンが付属。

頭部。和をイメージしているのか、MSとしてはかなり独特で個性的なデザインになっています。白い顎パーツを左右の装甲パーツで挟んでの構成で、フェイス側から後頭部にかけて合わせ目ができます。合わせ目を消す場合は後ハメ加工などが必要ですが、3個パーツ構成なので加工はラクそうです。左右のカメラアイはシールでの色分け。

瞳のような黄色い点のモールドは造形されていないので、塗装する場合は細かい塗り分けが必要です。

胸部は厚みのある重装甲タイプ。各部ともパーツで細かく色分けされています。中央の三角もモールドは黄色いシールでの色分け。腹部には白いシリンダーシャフトも造形されています。

背部中央にはエイハブ・リアクターが造形。左右には小型のスラスターが造形されています。バーニアはモールドのない浅めでシンプルな造形で、グレーに塗り分けが必要です。

腰部も特徴的ですが、サイドアーマーが大柄な存在感のある装甲になっています。

リアアーマーは中央の装甲展開が可能。装甲後部のスラスターなどはグレーに塗り分けが必要です。腰アーマー裏にモールドは造形されておらず、サイドアーマーの裏面も表面のモールドに合わせた形状になっています。リアアーマー中央の装甲裏は肉抜き穴状態。股間軸のパーツはやや形状が特殊です。

大腿部は前後挟み込みタイプ、膝から下は左右挟み込みタイプでどちらも合わせ目ができます。大腿部は筒型、膝から下も分離可能なので合わせ目を消すのはラクかと。

ソール部は3個パーツの簡易的な組み合わせ。ですが可動域が広く効率的な構造になっています。脚底は1個パーツ構成なので、裏面全体に肉抜き穴があります。かかと側には3.0mm穴が造形。

HG陸戦型ジム、HGルプスレクスと並べてサイズを比較。陸ジムに比べるとやや大きめですが、百錬の全高は18.2mです。陸ジムの全高は18.0m。

同シリーズのキット(HGグレイズ、HGガンダムキマリス)とも並べて。

頭部は顎や後頭部が干渉するため、あまり広く上下可動させることはできないようです。左右へも顎と肩の装甲が干渉するので45度程度まで。浮かせても干渉しますね。

普通に腕を上げるだけだと水平よりも少し下がり気味、ショルダーアーマーを展開すれば、頭部と干渉してしまいますが腕を水平にまで上げることができます。

肘は完全に折り曲げることができます。二の腕は肩の装甲と干渉するため、あまりロールさせることはできないようです。

肩はわずかに前後スイングする程度。

ですがショルダーアーマーを展開すれば広めに前後スイングさせることができます。

腰部のポリキャップ接続によってある程度上半身を反らせることができます。

腰は360度回転が可能。アクションベースへは通常通り股間部に3.0mm軸を差し込んでのディスプレイとなります。

腰アーマー類や大腿部が大きめで干渉しやすいですが、うまく干渉を避けるようにすればある程度の前後開脚は可能です。

膝はくの字程度まで曲げることができます。(サイドアーマーを外しています。)

足首の可動は、前後へのスイングはあまり広くないですが、左右へは幅広くスイングさせることができます。

左右への開脚は水平にまで幅広く展開が可能。あまり広く展開するとサイドアーマーが外れやすくなるので注意が必要です。

内股、ガニ股共に水平までは展開できずとなっています。

立膝は浅めで不格好な形に。

可動域の総括としては、もともとそれほど幅広い可動域は持ち合わせていないようですが、肩部装甲や腰回りの装甲が肉厚なためさらに可動域は制限されているようです。ですがその中にあって左右への開脚や足首のスイングなど幅広く可動する箇所もあるので、割とポージングの表現力は高そうにも思えます。

JEE-202片刃式ブレード。接近戦用の実体剣で、片刃のブレード部分と鞘で構成されています。

ブレードはグリップ部分がモナカ割で合わせ目ができます。鞘は1個パーツ構成。

鞘に収納すると無骨な印象に。

片刃式ブレード抜刀時、鞘はリアアーマーにマウントしたままにすることができます。

片刃式ブレードもグリップをハンドパーツで挟んでの保持です。グリップとハンドパーツの間隔があっているので、スルッとスライドしたりすることなく保持が可能。手首のボールジョイントは硬いですが、手首を返したりするときに手甲パーツが外れやすいので注意が必要です。

ライフルの2挺持ちも再現できるのがいいですね。130mmアサルトライフルは手甲パーツを外さなくても差し込むだけで保持が可能です。一方の100mmライフルカノンは手甲パーツを外して持たせる必要があります。どちらもグリップがハンドパーツと合っているので保持しやすいです。

以上です。パーツによる色分け再現度も高く、素組みでも十分な仕上がりになっていると思います。バルバトスやグレイズのようなしっかりとしたフレーム構造を持ってはいませんが、肉厚な装甲によって重厚感のあるポージングが楽しめるのがいいですね。

気になる点は、腰回りにぎこちなさがあり、幅広く開脚するとサイドアーマーが外れたり、武器保持時に手甲パーツが外れやすかったりするので、ポージング時は多少ストレスを感じるかもです。

3B5D2B16-8385-484D-9CF3-251DF7C3CE7C.jpeg










人気記事

更新ブログ情報

RSS取得