HGUC グフ レビュー

今回は、2016年4月に発売されたHGUC 1/144 MS-07B グフのレビューをご紹介します!

488F8B1E-3ED1-405A-833C-BA60919E7C58.jpg

HGUC グフは、『機動戦士ガンダム』に登場するMS『MS-07B グフ』の1/144スケールモデルキットです。現代的で洗練されたプロポーションで造形し、新たなフォーマットによって幅広い可動域を実現。ヒートロッドやヒート・サーベルといった特徴的な武装が付属し、劇中さながらのアクションポーズが再現可能なキットになっています。価格は1,650円(税込み)です。

「ザクII(陸戦型仕様)」の格闘能力を強化した改良型で『ランバ・ラル』が搭乗するジオン公国軍の量産機『グフ』がキット化。2014年6月に発売された『HGBF グフ R35』をベースに各部を新造し、スタイリッシュな機体形状が再現されています。旧キットの発売から20年、ガンプラ35周年を記念して”新生-REVIVE-“されました。

成型色はグフのパーソナルカラーであるライトなブルーとやや濃いめのブルーをベースに、関節にグレー、膝やソールにダークグレー成型色がシンプルに配色されています。モノアイ以外、特にシールで補う箇所もなく、素組みで十分な仕上がりになっています。

ポリキャップはPC-002をすべて使用し、関節強度は高めで自立も極めて安定。肘や膝、ショルダーアーマーなどはKPSパーツによる組み合わせで、REVIVE版キットらしく各部とも柔軟に可動します。

頭部。ザクの改良機らしいモノアイタイプで、動力パイプを含め湾曲したフォルムで造形されています。上下挟み込みタイプで一部に合わせ目ができますが、ほとんど気にならないくらいの作りになっています。口内はスリットが造形されていますが、グレーに塗り分けが必要です。

下部のレバーを左右に移動させることで、モノアイを左右に降ることができます。可動はグリグリっと動くので、勝手にふらついて動いてしまうようなことはありません。モノアイは円形のモールドにピンクのシールを貼っての色分け。

大腿部は前後挟み込みタイプで側面に合わせ目ができます。膝から下は左右と前方の3箇所での組み合わせで、後部と側面にできる合わせ目は段落ちモールド化されているようです。

ソール部はザクと同じようなシンプル型。脚甲と足首の部分はグワッと起こすことができます。

脚部内部は見えないような構造に。足裏は別パーツで造形され、肉抜き穴はありません。

バックパックはシンプルなボックスタイプ。フロントアーマーの動力パイプと連結されているので脱着はしません。

下部のバーニアは別パーツ化され、内部は二重になっています。

HG陸戦型ジム、HGルプスレクスと並べて。標準的なサイズになります。グフの全高は18.7m。

改修中であまり参考にならないかもですが、HGUCグフ・カスタムとも並べてみました。形状は似ていますが、各部とも新規パーツによる別造形となっています。

頭部の可動は、あまり広くはないですが程よく見上げることができます。左右へは水平程度にまで可動でしますが、ポーズによっては口とショルダーアーマーが干渉するかもです。

腕はショルダーアーマーを可動させて干渉を避けることで水平以上に上げることができます。肘はV字程度にまで曲げることができます。

画像では左右同じくらいの可動域になっていますが、肩のポリキャップが手前に引き出せるので、前方へは更に広くスイングさせることができます。

画像では左右同じくらいの可動域になっていますが、肩のポリキャップが手前に引き出せるので、前方へは更に広くスイングさせることができます。

腹部が2箇所でのボールジョイント接続ですが、上半身の前後スイングはあまり広くはできないようです。曲げすぎると腰のボールジョイント部が抜けるので注意です。

フロントアーマーとバックパックが動力パイプで固定されているため、腰はわずかに回転するのみとなります。アクションベースやスタンドへは、一般的なキットと同じく、股間部に3.0mm軸を差し込んでのディスプレイとなります。

腰アーマーが適度に展開するので、ある程度広めに前後開脚させることができます。上げすぎるとサイドアーマーが外れるので注意です。

膝はくの字程度にまで可動。一応膝裏の装甲が造形されていますが、脚部内部が抜けたような作りになっています。膝関節パーツも中央に合わせ目ができます。

足首は前後可動はあまり広くないですが、脚甲などが可動するので画像以上に曲げることはできます。左右への可動はわずか。

左右への開脚は、ハの字よりも少し広めに展開が可能。これ以上に開くとサイドアーマーが外れることがあるので注意です。

脚の付け根が回転するので、内股、ガニ股共に幅広く可動します。

立膝は若干不十分ではありますが、それなりの姿勢で再現することができました。

可動域の総括としては、全体的な可動域は広めで柔軟さはありますね。なので劇中シーンの再現度は高そうです。ただ、ショルダーアーマーと頭部が干渉したり、開脚しすぎるとサイドアーマーが外れたりするなど、多少注意が必要な箇所もあるようです。

シールド、ヒート・ロッド、ヒートサーベル(左右)、5連装75mmマシンガン(フィンガー・マシンガン)の握り手型(左)、穴あきの握り手(右)が付属。

その他、HGBFグフ R35用の各部パーツが付属します。穴あきと穴なしのハンドパーツが付属するので、グフのハンドパーツを組み換えてノーマルタイプにすることも可能です。

シールド。シンプルな作りで、裏面も簡易的に造形。


その他、HGBFグフ R35用の各部パーツが付属します。穴あきと穴なしのハンドパーツが付属するので、グフのハンドパーツを組み換えてノーマルタイプにすることも可能です。

シールド。シンプルな作りで、裏面も簡易的に造形。

グリップは起こすことができ、シールドの装備方法を変更することができます。グリップとハンドパーツ穴のサイズが同じくらいなので、シールドがクルッと回転することなく保持できています。

説明書に記載はないですが、バックパックにもマウント可能でした。

ヒート・ロッド。1個パーツ構成で、先端が少し太くなっています。

穴あきのハンドパーツ(手のひら)でダボ固定し、前腕の展開口に差し込んで固定。

ヒート・サーベル。柄の部分は左右挟み込みタイプですが、合わせ目は出来ないような構造になっています。刃の部分はクリアーオレンジでの色分けで、こちらもブラックライトで照らすと少しだけ発光したようになります。

柄はシールド裏にマウント可能です。


ヒート・ロッドは曲げない状態で保持させると直線的な攻撃態勢がとれますが、一旦曲げてしまうとまっすぐに伸びた状態で表現するのは難しくなります。

適当に何枚かどうぞ。

HGUC RX-78-2 ガンダム(別売り)と組み合わせて劇中のようなシーンを演出。

以上です。頭部やショルダーアーマー、脚部など、ORIGIN版とは異なるプレーンな形状で再現されていますが、REVIVEされても旧キットのようなグフ特有のクセが残されているのがいいですね。可動域に余裕があるので、軽快さがあってポージングの自由度も高いです。

欠点的には、脚を開きすぎるとサイドアーマーが外れるので、ストレスを感じるなら多少補強などしてやったほうが良いかもです。



人気記事

更新ブログ情報

RSS取得