HG グリムゲルデ レビュー

27C6731C-81EF-4467-971C-0D59E37CD93A.jpg

HG グリムゲルデは、『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』に登場するMS『グリムゲルデ』の1/144スケールモデルキットです。各所に露出したヴァルキュリア・フレームを精密に再現。上半身の大胆な可動構造を中心に、ねじる動きといった躍動感が演出可能なキットになっています。ヴァルキュリア系のライフルやシールド、ブレードも付属。価格は1,320円(税込み)です。

厄祭戦末期に開発され、ヴァルキュリア・フレームを持つモンターク商会所有のモビルスーツがキット化。深紅のカラーリングをした身軽で特徴的な機体形状が再現されています。パイロットは仮面の男モンターク(マクギリス・ファリド)。


成型色はワインレッドを外装に、内部のヴァルキュリア・フレームをグレーに配色。動力パイプや脚甲などがホワイト成型色となっていますが、全体的に色種はあまり多くありません。ヴァルキュリアブレードの刀身はイエロー(ゴールド)成型色で再現。

ポリキャップは定番のPC-002を使用。使用箇所は肩や足の付根、足首くらいと少なめです。新造されたヴァルキュリア・フレームの組み合わせ強度が高いので姿勢は崩れにくいです。自立もしやすいですが、脚細で接地面も広くないので倒れやすくはありますね。

内部ヴァルキュリア・フレームを全身から。このフレームはグレイズ・フレームやゲイレール・フレームの原型になっているため、それらに似た部分があるようです。

フレーム頭部。1つ目の高感度センサーと口元のセンサーはシールでの色分けです。1つ目はシールを貼らなくても、モールドが造形されています。

フレーム上半身(腰部含む)。前腕にフレームがないので、外装パーツも組み合わせた形にしています。腹部にはグレイズに似た動力パイプが、背部には1基のエイハブ・リアクターが造形されています。

フレーム脚部。ガンダムフレームとはまた一味違った形状をしています。後部の動力パイプは白く塗り分けが必要です。

続いて外装を組み合わせた状態で各部を見ていきます。

頭部。メット部はグレイズと似ていますが、顎長で左右に羽のようなアンテナを持つなど特徴的な形状になっています。

顎の装甲を組み換えることで開閉可能。高感度センサーが露出します。

胴体部。ほぼヴァルキュリア・フレームがむき出し状態で、胸部や腰部など部分的に外部装甲を装備した状態です。

サイドアーマーはなく、大腿部に大柄な装甲を装備しています。リアアーマーは縦長な装甲に。

腰アーマー裏はフレームっぽい形状になっています。

腕部。肩に厚みのある装甲を持ち、腕部は軽快さのある細身形状になっています。

二の腕は筒型で合わせ目はありません。前腕は左右挟み込みタイプですが、合わせ目は端にくるようになっています。前腕に内部フレームはないので、構造的に後ハメ加工をするかマスキング塗装するか悩むところです。前腕の動力パイプは白く塗り分けが必要です。

ショルダーアーマー。適度にモールドが造形され、大型で存在感のある作りに。

HG陸戦型ジム、HGルプスレクスと並べて。大きくもなく小さくもなくって感じです。グリムゲルデの全高は18.5m。

アリアンロッド所属機仕様ですがグレイズと並べて。だいぶ印象は違いますが、胸部のフレームなど部分的に似たところはあるようです。

頭部の可動は、顎が長いのであまり深く引くことはできませんが、見上げる動きは広めに可動します。首周りに余裕があるので柔軟性がありますね。ただ、顎と襟が干渉するので、左右へは広く向けることはできないようでした。

腕は水平以上に上げることができます。これ以上に上げることもできますが、干渉によってショルダーアーマーが外れてしまうので注意です。肘は二重関節で完全に折り曲げることができます。

肩は引出しギミックなどはなく、付け根ボールジョイントによる可動のみなので少し前後スイングする程度です。

ヴァルキュリア・フレームの胸部可動により、上半身を反らせたりすることができます。

違った角度から。

腰はまったく干渉することなく360度回転が可能。アクションベースなどへのディスプレイは、通常通り股間部に3.0mm軸を差し込んでのディスプレイとなります。他のキットに比べて差し込みがゆるく感じたので、ディスプレイ時にクルッと回転してしまうことがあるかも。(個体差があるかもです。)

腰に干渉物がないので、前後開脚は幅広く展開させることができます。

ちょっとわかりにくいかもですが、膝も深くまで折り曲げることができます。膝周りの作りも悪くないですね。

足首は前後へは広く可動しませんが、左右へは広めに可動してくれます。

左右への開脚はハの字より少し広いくらいまで。

大腿部がロールするので、内股、がに股は幅広く可動させることができます。ロールする部分の強度が高いので、動かしているときに破損させないよう注意です。

ヴァルキュリアブレードはヴァルキュリアシールドの裏にマウント可能です。シールドは中央の丸モールドをシールで色分け。シールドは先端の爪(白◯)と裏面をグレーに塗り分けが必要です。

ヴァルキュリアシールドは前腕にマウント可能で、ヴァルキュリアブレードを取り付けて攻撃的にることができます。

フレームの可動を生かした軽快なポーズが再現可能です。

ブレードは組み合わせパーツも少なく、手間のかからない武器ですが、グリップが細めでハンドパーツに差し込んでも抜け落ちることがあるので注意です。

ガエリオのキマリストルーパーとのバトルシーンを演出。

ポーズを付けていると、干渉でショルダーアーマーが外れやすかったりするので、その点も少し注意が必要です。

以上です。忍者っぽさだけでなく僅かなヒロイックさも併せ持つなど、仮面の男の印象そのままの機体形状が再現されている感じですね。可動も柔軟でポーズが取りやすいですし、武装類も軽量なので取り扱いがラクです。

欠点的な部分は殆ど無いですが、干渉でショルダーアーマーが外れやすいのが気になりました。あと、贅沢な悩みですが、二の腕と大腿部の付け根強度が高いので、動かすときに破損しないような慎重さが必要だったり、そのため他の弱い箇所に負荷がかかったりというのがありました。  




この記事へのコメント

人気記事

更新ブログ情報

RSS取得