HGUC RX-78-2 ガンダム レビュー

今回は、2015年7月に発売されたHGUC 1/144 RX-78-2 ガンダムのレビューをご紹介します!

565DADF3-F451-4846-8D4C-8652E386229F.jpg

HGUC RX-78-2 ガンダムは、『機動戦士ガンダム』に登場する主人公機『RX-78-2 ガンダム』の1/144スケールモデルキットです。組みやすさを考慮したランナー配置を実現。洗練されたプロポーションに加え、最新フォーマットによって可動範囲も大幅に向上。肘、膝の二重関節による片膝立ちやビーム・サーベルを抜く動作など、アニメシーンさながらの迫力あるポーズが可能なキットになっています。価格は1,100円(税込み)です。

ガンプラ35周年目の2015年、『新生-RIVIVE-』により、主人公のアムロ・レイ搭乗機『RX-78-2 ガンダム』がHGUCでキット化されました。可動・色分けなどに優れ、最新設定に基づく新しいアレンジで再現されたキットになっています。

成型色はガンダム定番のホワイト、ブルー、レッドを織り交ぜたトリコロールカラー。「多色成形」という特殊技術を使ったランナー構成によって高度な色分けが実現され、素組みでも十分な完成度に仕上がっています。シールは頭部や腰のV字マークなど一部を補うのみです。

ポリキャップはHGシリーズのガンプラ定番のPC-002をすべて使用。肘や膝はKPSパーツによる構成ですが、その他の関節各部はポリキャップ接続で関節強度は高めでです。プロポーションも良く、前後比重もかからず自立は安定しています。

キットサイズは約125mm。手に取りやすく取り扱いやすい大きさになっています。

頭部。全体的なプロポーションに合わせた小顔でスタイリッシュなフォルムになっています。前後挟み込みタイプで、頭頂部から側面にかけて合わせ目ができます。合わせ目を消す場合は後ハメ加工などが必要そう。ツインアイやとさか前後のセンサーはシールでの色分け。左右のダクトはグレーに、こめかみのバルカンはイエローに塗り分けが必要です。

ツインアイはクリアーイエローパーツで再現され、クリアーパーツを活かすための背面シルバーシールも付属しています。

胴体部。ブルー、レッド、イエロー成型色により、ガンダム定番の形状が再現されています。胸部の襟やエアインテーク、腰アーマーのヘリウムコアなどもパーツできっちりと色分けされています。腰アーマー中央のV字マーク周りはシールでの色分け。シールで隠れていますが、V字マークはモールドが造形されています。

腰アーマー裏にモールドは造形されていません。

腕部。角型(スクエア)タイプで、成型色も外装のホワイトと関節やハンドパーツのグレーのみとシンプル。重機感があって、変なアレンジがされていないのがいいですね。

二の腕は筒型、前腕は左右挟み込みタイプですが、合わせ目は端でモールド化されています。肘もマルイチモールドが造形、色分けされるなど、小型ながらも洗練された作りに。

ショルダーアーマー。こちらもシンプルな角型です。前後挟み込みタイプで合わせ目が端にくるようになっています。

脚部。スリムかつスタイリッシュなフォルムで造形されています。

バックパックは定番の2ダボ接続。ですが背部にサーベル柄固定用のストッパーダボがあるので他キットのバックパックを取り付けても干渉して浮いてしまいます。

HGUC陸戦型ジム、HGルプスレクスと並べて。サイズ的には陸戦型ジムと変わらず小柄。RX-78-2ガンダムの全高は18.0mです。陸戦型ジムと比べるとかなりシンプルでスマートなフォルム。

HGUCガンキャノン(REVIVE版)、HGUCガンタンクと並べてV作戦トリオで。ガンタンクはREVIVE版ではありませんが、並べてもそんなに違和感はないですね。

旧キット(2001年5月発売のHGUC RX-78-2 ガンダム)が手元にないので、せめて40周年記念キットのHGガンダムG40 (Industrial Design Ver.)と並べて比較。こちらと比べるとREVIVE版がオーソドックスなキットに見えますね。

頭部は広めに上下可動し、見上げる動きが幅広く可能となっています。左右へも干渉なくスムーズに可動します。

腕は真上にまで上げることができ、肘も完全に折り曲げることができます。

肩の前後スイングは、付け根ボールジョイントなりの可動となります。ポリキャップの引出しギミックなどもありません。

腹部や腰部のボールジョイント型ポリキャップ接続により、上半身の幅広い前後スイングが可能です。

腰を少し浮かせてアーマー類の干渉を避けることで、上半身を360度回転させることができます。アクションベースなどへのディスプレイは、その他のガンプラと同じく股間部に3.0mm軸を差し込んでのディスプレイとなります。(THE シンプルスタンド×3【フィギュア&模型用】を使用しています。)

前後開脚は、フロントアーマーが可動するので広く前方に開脚させることができます。リアアーマーは可動しないので、後方へは適度に開脚する程度。

膝は二重関節構造で深くまで曲げることができます。膝内部パーツは左右挟み込みタイプですが、合わせ目は端にくるようになっています。膝の内側も裏打ちパーツが造形され、しっかりとした作りに。

シールド、ハイパー・バズーカ、ハイパー・バズーカ用ジョイントパーツ、ビームライフル、武器持ち手(右)平手(左右)、ビーム・サーベル刃✕2が付属。

シールド。表面のレッドやイエローの十字マークなどがパーツで色分けされています。裏面も細かいモールドが造形。のぞき穴もきっちりと開口されています。のぞき穴の開閉ギミックはありません。

グリップは可動式。

シールドはハンドパーツでグリップを握らせ、前腕に接続ダボを差し込んで装備します。固定強度は高めで外れることなく取り扱うことができます。バックパックにも取り付けが可能。

ビームライフル。少ないパーツ数ですが完成度は高め。

左右挟み込みタイプなので上下に合わせ目ができます。

センサーやフォアグリップは左右に可動します。センサーの表面はイエローパーツでの色分け。

リアアーマーのカバーを外してジョイントパーツを取り付けることで、ハイパー・バズーカをマウントすることができます。

一通り武装して。ヒロイックなカラーリングや背面のメカニカル感がいいですね。シンプルながらもバランスの取れたスタイルになっていると思います。

関節強度も高めなので、ガシガシ動かしてもポロリする箇所はありません。可動が柔軟で、ポージングもスムーズ。

ビームライフルの両手持ちは多少ぎこちなさがありますが、ある程度様になるポーズが再現可能です。

ハイパー・バズーカはグリップが可動するので、肩に担ぐポーズも割とラクに再現できます。


ビーム・サーベルもハンドパーツにうまく挟めるので、スルッと抜け落ちることなく保持できます。ポージングもラク。ビーム刃はブラックライトで照らしても発光しませんでした。

適当に何枚かどうぞ。

ラストシューティングやザクめがけて飛びかかるポーズなど、劇中シーンがリアルに演出できます。

平手を使うと表現力が高まるのがいいですね。

58503D29-9F71-46CD-B1BB-70C22E10736C.jpg

522F5C2E-6D28-4B0E-B95E-888968626B17.jpg

以上です。プロポーションなどは旧キットの形状も踏まえ、賛否両論あるかもしれませんが、合わせ目が露出しない作りや広い可動域を実現する構造などはREVIVEの名に恥じない優秀なキットになっていると思います。可動強度も高く、武器保持力高めでポージングしやすいので不満点はないですね。



この記事へのコメント

人気記事

更新ブログ情報

RSS取得