MG ゼータガンダム3号機P2型 レッド・ゼータ レビュー

今回は、MG 1/100 MSZ-006P2/3C ゼータガンダム3号機P2型 レッド・ゼータのレビューをご紹介します!

D20421EC-5298-4C61-A18C-33C62D600DCC.jpg

MG ゼータガンダム3号機P2型 レッド・ゼータは、OVA『GUNDAM EVOLVE../9』より、ニュータイプ専用MS『ゼータガンダム3号機P2型 レッド・ゼータ』の/100スケールモデルキットです。機体各部に設置された外部情報収集センサー「サイコ・ニュートライザー」、レッドゼータ特有の機体形状を新規造形パーツを用いて再現。レッド・ゼータの専用武器が付属する他、ウェイブライダーへの変形可能なキットになっています。価格は7,150円(税込み)。プレミアムバンダイ限定の商品です。

OVA作品『GUNDAM EVOLVE../ EVOLVE../9』に登場する『MSZ-006-P2/3C レッド・ゼータ』がマスターグレードでキット化。2005年12月に発売されたMG Zガンダム Ver.2.0をベースに、トゲトゲしい特徴的な外装と内部パーツの一部が新規造形で再現されています。パイロットは女性パイロットの『レッド・スネーク / ユウリ・アジッサ』。

成型色は全身がレッド。部分的にブラック、関節にグレーが配色されています。シール(ホイルシール)は頭部ツインアイや各部のセンサー類を簡単に補う程度。細部は塗装による塗り分けが必要です。

全身のスプリッター迷彩を色分けするためのマーキングシールが付属します。ユウリ・アジッサのパーソナルマークシールも付属。

ランナーの続き番号であるポリキャップ『K』を全身各部に使用し、ゼータ系特有の変形機構を実現。ABSパーツによる内部フレーム構造で、組み合わせ強度は高めです。

背部に大型のウイングを装備し、足首(脚甲)がつっかえるため、若干後方に傾きがちになります。ですがかかとにストッパーが造形されているので、ある程度安定した自立が可能です。

頭部。ゼータガンダムとは一味違った刺感のある造形になっています。マスクはZガンダムの流用ですが、外装やアンテナなど、各部とも新規造形パーツで再現されています。とさか側面の装甲や左右のダクトなどもグレーパーツによる色分けです。ツインアイやセンサーはクリアーグリーンパーツにシールを貼っての色分け。

背部の装甲裏にはモールドが造形されています。アンテナは折りたたみが可能。

胸部も刺々しい形状が再現されています。部分的に露出するスリット板やエアインテークなど、特徴的な形状が新規パーツによって色分け、造形されています。中央のコックピットハッチは開閉が可能。

内部にはパイロットを含めたコックピットシートが造形されています。腹部はゼータガンダムらしく、変形時に開閉が可能な構造が再現されています。肩左右の装甲はダクトモールドが造形され、表面にグレーのシールを貼るようになっています。

腰部もフロントアーマーやリアアーマーのスリット板や棘感のある装甲が造形。サイドアーマーも縦に長いシャープなものが造形されています。

サイドアーマーは中央の装甲が開閉可能で、内部にはサーベル柄が内蔵されています。先端部の縦長センサーはシールでの色分けです。

フロントアーマーの装甲は4箇所それぞれが独立展開します。

股間部はフロントアーマーの装甲を展開することでロックが外れ、左右に開閉するようになっています。各部も変形用に柔軟に可動します。細身なので、変形させる場合は破損させないよう注意が必要です。

リアアーマーも後方に広く展開が可能。

腕部。こちらも新規造形外装パーツを用いて特徴的な形状が再現されています。

腕部は簡単な内部フレームが造形されています。

二の腕は色違いの2枚外装パーツを前後に組み合わせ、前腕は内部フレームに複数の外装を被せてタイプ。共に合わせ目はありません。ハンドパーツは親指と人差指、そして残り3指が可動するタイプです。

前腕の装甲は前面のハッチを展開し、側面の装甲をスライドさせることで内部のグレネード・ランチャーが露出します。

ショルダーアーマーも形状はゼータに似ていますが、新規パーツによってフィンなどが造形されています。

3枚フィンが造形された装甲部分は内部に収納可能で、外側下部のアーマーも適度に可動します。

脚部。ゼータの面影を残しつつ、棘感のある造形が再現されています。

脚部は大腿部やヒザ下外装などにモールドが入った内部フレームが造形されています。

大腿部は前面の装甲、後部2枚装甲の3枚による組み合わせですが、側面にできる合わせ目はモールドのようになっています。膝から下は複数パーツの組み合わせで合わせ目はなし。外装甲下部の三角型センサーはシールでの色分けです。

後部の3枚フィンは少し可動します。

内外に造形されているスリット板やフィンの造形も独特。

背部バックパックもシャープで特徴的な造形のバインダーが新造されています。中央のスタビライザーも印象的な形に。

バインダーは大味な2枚パーツの組み合わせで、各側面に合わせ目ができます。シンプルな構造でゼータガンダムのような展開ギミックはありません。側面の縦長センサーはシールでの色分け。

裏面も簡単なモールドが造形され、変形時の本体格納用の簡単な造形が再現されているのみです。

アームは複数パーツの組み合わせで、各部が細かく可動するようになっています。ストッパー的に固定される部分がそんなに無いので、バインダーが少しふらつくことがあるかもです。

独特の形状を持つ中央のスタビライザー。作り自体はシンプルで、上下に可動します。中央の縦長センサーはシールでの色分け。

MGジム・コマンド(コロニー戦仕様)、MG強化型ダブルゼータガンダムVer.Kaと並べて。ダブルゼータほどではないですが、そこそこ大型なキットになります。MGゼータガンダムVer.2.0が手元になく、外装を含めた比較ができませんでしたm(_ _)m

頭部は多少見上げられる程度。顎が干渉することもありますが、左右へは割とスムーズに可動します。

腕は水平程度まで上げることができ、肘は完全に折り曲げることができます。

肩は変形用に後方にするという特殊な動きに。前方へは少し引出し、スイングさせることができます。

上半身は少し前後にスイング可能。左右へもある程度傾けることができます。

腰はアーマー類が干渉するため、わずかにひねらせる程度。アクションベースにディスプレイするようにはなっておらず、股間部に特殊な形状の支柱パーツを2箇所で固定し、付属のディスプレイスタンドにディスプレイさせます。

膝はくの字程度までの可動となります。変形機構を持っているため、膝の構造も特殊。

足首は前後左右ともわずかに可動する程度。

左右への開脚もハの字程度となっています。

脚の付け根が回転するので、内股、ガニ股は水平以上に広く可動します。

立膝はそれほど美しくはないですが、ある程度の姿勢で再現することは可能です。

可動域の総括としては、全体的にあまり不自由さは感じないくらいの可動域は持っていると思います。複雑な変形機構を持っている分、多少の弱さも感じますが、ロック機構があるので思ったよりもガシガシ動かせるようです。

シールド、ハイパー・メガ・ランチャー、ビーム・ライフル、ビーム・サーベル刃×2、ビーム・ピストル、整備クルーフィギュアが付属。

センサーはクリアーグリーンパーツにシールを貼っての色分けです。ビーム・ライフルは前腕にジョイント可能。

ハイパー・メガ・ランチャー。ロングサイズの武装になります。こちらもMGゼータガンダムVer.2.0に付属のものと同じ。

レッドゼータでは、ビーム・ライフルとハイパー・メガ・ランチャーは任意で持たせるようになっています。


本体部分は大まかな2枚パーツの左右挟み込みタイプですが、全体の上下にできる合わせ目は各部とも段落ちモールド化されています。

下部の装甲を展開することで、内部のグリップも展開が可能。

左右の装甲も展開することでそれぞれグリップが展開可能です。

砲身は伸縮が可能。

上部のロングレンジセンサーも引き出しが可能です。一見簡素に見えますが、各部の作りは割としっかりとしています。

レッドゼータと合わせてハイパー・メガ・ランチャーの長さを確認。これだけでも十分な長さですが、砲身を伸ばすことでさらにサイズアップします。

ビーム・ライフルとシールドを装備して。

ビーム・ライフルは手のひらダボとグリップのダボ穴固定ですが、ダボが浅めなので固定はやや弱め。それほど難しい保持ではないですが、他の箇所に比べると外れやすいので、その点はちょっとストレスを感じることも。

シールドは前腕にジョイントダボを差し込んでの固定で、保持強度は高めです。


ただ、サイズ感のある武装なので、保持させると存在感があってかっこよい演出ができます。

FD000114-97FD-4EDC-B1E8-C10EDC3CBBA1.jpg

ビーム・ライフル銃口にはビーム・サーベル刃がマウント可能。

F128AC13-0035-4C8A-95DB-D463A1765693.jpg

ビーム・サーベルは柄がダボ固定ですし軽装なので、取り回しがしやすいです。

E4C320CA-5AB9-4150-A998-4BED73F883B8.jpg

背部のバインダー接続アームを細かく可動させ、バインダーを前面に配置します。サイドアーマーは前方に向けて固定。

シールドとビームピストルを組み合わせ、バインダーの丸型ダボを露出させます。そしてビームピストルを組み合わせたシールドを、胸部やフロントアーマー、バインダーの丸型ダボと接続し、がっしりと固定します。

スタビライザーを後方に展開し、脚部を伸ばして膝をS字に折り曲げます。つま先などを伸ばして形状を整えたらウェイブライダーへの変形完了です。

ウェイブライダー。ゼータガンダムのウェイブライダーに比べ、各部が刺々しい独特の形状になっています。バインダー形状はシンプル。

ビーム・ライフルは取り付けられないようになっているみたいですね。

適当に数枚ほどどうぞ。

AC84211F-95E7-48FA-8C4F-802981A716D9.jpg

以上です。スプリッター迷彩がシールによる再現なのと、レッド成型色で若干おもちゃっぽかったりというのはありますが、刺々しい造形には面白いところがあり、ポージングしていても意外とかっこよく見えたりします。ビームピストルは通常のゼータとは違った演出ができていますし、ハイパー・メガ・ランチャーは相変わらず存在感があり、レッドゼータで装備しても違和感なく迫力のある演出が可能です。

欠点的には、武器の保持強度が弱めなので、きっちりと保持させてポージングさせたい場合は少しストレスを感じるかも。それと、専用台座でのディスプレイは自由度があまり高くないので、ポーズによっては制限されてしまうこともありそうです。


このリンクはAmazon.co.jp が配信する配信型リンクです。画像をダウンロードする必要はありません。下にあるHTMLコードを選択してコピーし、ご自身のWebサイトのコードに貼り付けてくださ

この記事へのコメント

人気記事

更新ブログ情報

RSS取得