MG ガンダムバルバトス レビュー

MG ガンダムバルバトスは、「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」に登場する主人公機『ガンダムバルバトス(第4形態)』の1/100スケールモデルキットです。第4形態外装の設定色を成形色で、内部機構のギミックやガンダム・フレーム、エイハブ・リアクターを徹底的に再現するなど、MGならではの密度と情報量を持つハイクォリティなキットになっています。価格は4,950円(税込み)。

厄祭戦で運用された72機のガンダムフレーム採用機のひとつ、『ガンダムバルバトス』がMGでキット化。内部にガンダムフレームを持ち、ナノラミネートアーマーを外装にまとった白い主人公機が完全新規造形で再現されています。パイロットは三日月・オーガス。

成型色はガンダムフレームの殆どがダークブラウン。一部がゴールド、各部のシャフトがシルバー成型色で色分けされています。外装はホワイトを基調とし、各部がブルーやレッド、イエローといったガンダムタイプ特有のトリコロールカラーが配色されています。外装は一部にアンダーゲートを採用し、比較的ゲート跡が露出しないようになっています。シールで補う箇所はツインアイと滑腔砲センサーのみとわずか。

ポリキャップを使用しないパーツ構成。細部までパーツで造形されているため、単色なガンダムフレームでも情報量が多く、可動箇所も多いです。ガンダムフレームはKPSパーツ構成でまずまずの強度があり、自立も問題なく安定しています。

俯瞰。

ガンダムフレームを全身から。

1/100ガンダムバルバトス(以下、1/100バルバトス 画像右)と並べて。一見すると似た感じもありますが、1/100バルバトスはやや華奢な印象。MG(画像左)のほうが細部の情報量が多く、各部とも若干肉厚なフォルムになっています。重量はMGのほうが若干重いですが、KPSパーツの集合体なので軽量です。

ガンダムフレーム各部を1/100バルバトスと比較しながら見ていきます。

ガンダムフレーム頭部を1/100バルバトスと比較して。1/100バルバトスに比べてやや横広なイケメンフェイスになっています。外装を取り付ける場合、1/100バルバトスのほうはアンテナを取り外して組み換えるようになっていますが、MGはそのままバルバトスの黄色いアンテナを被せるようになっています。

メット部は左右挟み込みタイプですが合わせ目はモールド化されています。

どちらもツインアイをブラックライトで照らすと発光しますが、MGのほうがよりくっきりと鮮やかに発光するようです。

ツインアイを補うシールが付属しますが、今回は貼っていません。

ガンダムフレーム胸部を1/100バルバトスと比較。MGは動力源である2基のエイハブ・リアクターがより細かく造形され、シャフトもメッキ調のシルバー成型色になっています。パーツの集合体ですが強度はまずまず高め。構造が複雑なので、パーツの紛失や分解時の破損などには注意が必要です。

胸元も1/100バルバトスはシールですが、MGはゴールド成型色パーツになり、各部に電源マークが入っています。

シリンダーシャフトの伸縮など、胴体部の可動に合わせて各部が柔軟に可動するような構造になっています。

更に背部を反らせることで背面のシリンダーシャフトが伸縮します。細部まで細かく抜かりなく再現されているのがすごいですね。

コックピットハッチは開閉が可能。

シートは内部まで細かく造形されています。三日月は上半身ハダカのバルバトス搭乗時の服装で造形。

腰部を1/100バルバトスと並べて比較。MGはフロントアーマーが造形され、リアアーマーも可動するようになっています。脚の付け根もゴールド成型色パーツで色分けされています。

股間部は上下に可動し、腰も左右に振ることができます。リアアーマー裏もモールドが造形。

腕部を1/100バルバトスと比較して。こちらも少し肉厚で、パーツ数が多く情報量の多い造形になっています。MGはほとんど合わせ目ができない組み合わせになっています。

肘を曲げたときのギミックやシリンダーの位置なども大きく違っています。ただ、深く曲げすぎるとシャフトが抜けたりするようでした。(個体差か組み間違いかそういった構造なのか・・・;)

ハンドパーツは親指のみ可動し、残りの4指を組み換えるタイプ。手首は左右にスナップをきかせることができます。

脚部を1/100バルバトスと比較して。表面の形状は似ていますが、裏面は別物感が強いです。こちらも大腿部や膝から下など左右挟み込みタイプの箇所が多いですが、合わせ目は段落ちモールド化されたりしています。スネのゴールドもパーツによる色分け。

ソール部も1/100バルバトスと比較。より密度感ある作りになっている他、足裏もモールド入りの蓋パーツで抜かりなく造形されています。

脚甲の部分も可動するギミックがあります。

腕部の可動は1/100のほうが広いようですが、首や腹部などの可動はMGのほうが多少広範囲に可動するようです。MGは背伸びするようにシャフトなどが伸びますし、より人体に近いリアルなプロポーション、動きが確認できます。

左右への開脚や足首の可動は同レベル。

立膝は1/100バルバトスに比べ、より自然な形でこなせるようです。

続いて外装を取り付けた状態で、各部を1/100バルバトスと比較しながら見ていきます。

まずは全身から。同機体なので似てはいますが、MGのほうが細部の作り込みやパーツの色分けなど、各部が洗練された感じに仕上がっています。MGのほうがパーツ密度が高い分重量感がありますね。

頭部を1/100バルバトスと比較。色分け構造は同じですが、アンテナが上部に長く伸びるなどより凛々しさが増したような作りになっています。アンテナの先端も安全加工はなくシャープな作りに。

胴体部を1/100バルバトスと比較。胴体部と腰部の間隔が少し上下に伸びた印象。全体のプロポーションにも変化が出ています。胸中央のマークはシールではなくクリアーピンクパーツでの色分けとなっています。他の箇所を含め、ブラックライトで照らしても発光しませんでした。

エアインテーク内部はスリット入りのダクトが造形されています。

肩のシャフトも細かく造形されています。

腕部を1/100バルバトスと並べて比較。こちらも一見すると大きな違いはないように見えますが、可動時の肘アーマーの配置や各部装甲の形状、情報量などが違っています。各部の色分けもより細かく再現。

ショルダーアーマーは前後に挟み込むタイプですが、中央の合わせ目は段落ちモールド化されています。1/100バルバトスではシールでの色分けだった肩マークやイエローのラインもパーツによる色分けとなっています。

脚部を1/100バルバトスと並べて比較。どちらも造形バランスはいいですが、MGのほうが左右のスラスターが大型されるなどよりリアルさのある作りになっています。肘裏やふくらはぎ裏の動力パイプは別パーツ化されているので塗装はラクそうです。

左右のスラスターは適度に上下可動します。裏面には肉抜き穴があり、可動時に見えてしまうので、気になる場合はパテ埋めなどで処理する必要があります。

後部の装甲は可動式。下方に移動させることで膝の可動域が広がります。

大腿部はパーツでの色分けで、足裏も外装と内部パーツ(ガンダムフレーム)の組み合わせで細かく色分けされています。

バックパックを1/100バルバトスと比較して。作りも色分けもより細かいものになっています。

中央のスラスターは水平程度まで展開が可能。左右のウェポンラックは展開式で、1/100バルバトスのように簡易的ではない、シリンダーシャフトを用いた複雑な構造になっています。

アームは付け根が回転、上下にスライド、シャフト伸縮などフレキシブルに可動します。左右の黒い装甲(滑腔砲とのジョイント部)も可動式。シャフトはそのまま伸ばすと抜け落ちますが、滑腔砲を装備しやすくするためあえて抜けるようにしてあるようです。

バックパックは1/100のものとダボの幅は同じですが、大きさが違うので組み換えることはできないようでした。

MGジム・コマンド(コロニー戦仕様)、MG強化型ダブルゼータガンダムVer.Kaと並べて。キットとしては中間クラス。バルバトスの全高は18.0mです・・・・ジム・コマンドの頭頂高が18.0mと設定されていますが、MGのバルバトスは若干大きめに作られているようですね。

首があまり長くないので、頭部は多少見上げる動きができる程度です。左右へは顎と肩のシリンダーが干渉しやすいですが、水平まで可動させることができました。

腕はショルダーアーマーをかわすようにすれば水平程度まで上げることができます。肘はV字程度に可動。

肩は後方へはほとんど動かせませんが、前方へはシャフトを伸ばしつつスイングさせることができます。

上半身は広めに前後スイングさせることができますが、伸ばしすぎると腹部シャフトのボールジョイントが外れたり背部のシャフトがシリンダーから抜けたりするので、適度に抑えておいたほうがいいかもです。

腰は干渉なく360度回転が可能です。アクションベースへは付属のジョイントパーツを使ってのディスプレイとなります。スライド固定されるので、キットが落下することもなく安定したディスプレイが可能です。

前後開脚はともに水平程度まで展開が可能。リアアーマーも可動するので展開がラクです。

膝は後部の装甲を下げることで深くまで折り曲げることができます。膝内部は多少肉抜き穴っぽい造形ですがメカニカルさがあります。

バックパックアームの装甲を展開させ、ジョイントパーツを組み合わせることで太刀とメイスがマウント可能です。

メイスはグリップ2箇所でバックパックにマウントが可能ですが、取り付け位置によっては下に接地してしまうようでした。

一通り武装して。太刀と滑腔砲を背負っていますが、それでも自立に影響はないですね。若干後方に倒れやすいかなと言うくらい。

メイスもグリップの節目ごとに段差があってグリップが固定できるので、スルッと滑ることなく保持できます。

ただ、指パーツが外れたりすることがあるので、両手持ちでかっこよくポーズを付けたい場合は少し難しかったりするかもです。

太刀は形状なので、片手保持でもハンドパーツが外れることなく構えることができ、取り回しもラクでした。

 

D0657EFB-BCB0-4554-9C1A-FA76DC5C223D.jpg

78FBD0DA-1FF5-4467-8883-61F0468EB78A.jpg

バルバトス格納時のスタイルで。

E47CAEA8-4367-4CB3-9334-FB34DE35F53B.jpg

696E136A-A3F7-4D0F-8305-CED4538F664A.jpg

以上です。ガンダムフレームの精密さには驚かされましたし、細かく複雑な構造ながらもポロリや分解などがまったくなく、取り扱いやすいキットでした。これだけの構造を考案するのは簡単ではないと思いますが、柔軟な可動を実現するためのギミックが集約されているのが凄いですね。

外装もバラけることなく組み付いているので、ポージングもとてもしやすいです。欠点をあえて上げるなら、武器を両手持ちさせたときに指パーツが外れやすいくらいでしょうか。多少ポージングにストレスがあるかもしれませんが、メイス以外は軽量の武器なので安定した保持が可能です。

細部の色分けも良く、完成度の高いキットに仕上がっていると思います。


この記事へのコメント

人気記事

更新ブログ情報

RSS取得