RG νガンダム フィン・ファンネルエフェクトセット レビュー

今回は、RG 1/144 νガンダム フィン・ファンネルエフェクトセットのレビューをご紹介します!

03853922-74C3-4F94-B1A2-717361A5E385.jpg

RG νガンダム フィン・ファンネルエフェクトセットは、RG νガンダムとファンネル用エフェクトパーツ、台座が付属したセットアイテムです。『RG 1/144 νガンダム』本体に加え、アクションベース4クリア、Figure-rise Effect ジェットエフェクト(クリアイエロー)などが付属。フィン・ファンネルを発射状態でディスプレイ、演出可能なアイテムとなっています。価格は6,600円(税込み)。

2019年8月に発売されたRG1/144νガンダム(以下、通常版)、Figure-rise Effect ジェットエフェクト(クリアイエロー)×2とアクションベース4を組み合わせた、フィン・ファンネルディスプレイ用のエフェクトセットになります。これらアイテム各種がセットになっているのみで、新規で造形されたパーツはありません。

まずはRG1/144νガンダムを全身から。背部に6基のフィン・ファンネルを装備したアシンメトリーフォルム。RGならではの精密なパーツ構成で、その名の通り、リアルな機体形状、ディテールが再現されています。

俯瞰。

武装類も通常版と同じ。シールド、ニュー・ハイパー・バズーカ、ビーム・ライフル、ダブル・フィン・ファンネル用バックパックパーツ、握り手(左右)、武器持ち手(右)、平手(左右)、ビームサーベル刃とグリップエンド用ビーム刃、予備ビームサーベル刃、アムロ・レイフィギュア、アクションベース用支柱パーツが付属しています。(ビーム・サーベル刃は1本余剰です。)

専用のリアリスティックデカールが付属します。これも通常版と同じ。

通常版のRGνガンダム(画像右)と並べて。特に違いはありません。同じものが付属しています。成型色も全く同じ。通常版は発売から4ヶ月が経っていますが、特に劣化は見られないですね。

各部を簡単に見ていきます。

ファンネルを外した状態。

頭部から胴体部。胸部側面やフロントアーマーのHWS装着部展開ギミックやコックピットハッチ、シャッターの開閉ギミックなども細かく再現されています。

腹部は幅広く展開します。左胸のクリアーグリーンセンサーはブラックライトで照らすと発光します。白い装甲の一部も少しブラックライトに反応して発光するようです。頭部のとさかセンサーもブラックライトで発光します。

フロントアーマーとサイドアーマーは可動が連動しています。腰アーマー裏はモールドが入った裏打ちパーツが造形。各アーマーとも付け根が可動します。

腰部はフロントやリア中央の装甲が可動し、腰や股間部の可動範囲を広げられるようになっています。

腕部。肘は深く折り曲げることができます。装甲は各部とも2色のホワイトパーツによる構成。ハンドパーツは穴のないものが付属しています。ショルダーアーマーは前後の装甲が少し展開し、肩の可動と干渉しないようになっています。左前腕のサーベルホルダーは上部にスライドし、サーベル柄が展開可能です。手首も角度変更が可能。

脚部。膝は深くまで折り曲げることができ、大腿部や膝部などが可動に合わせて展開します。モールドも多くメカニカルな造形になっています。

つま先はしっかりと伸ばせますし、その動きに合わせてスネの装甲も展開。つま先は反らせることもできます。

バックパックも細かな作りで、後部の装甲は少し展開します。サーベルホルダー、フィン・ファンネル接続部も左右に可動。

フィン・ファンネル。連結、コの字にしてファンネル攻撃態勢などの演出が可能です。

側面からはファンネル連結用のリブが展開。固定強度は高めで、ポロポロと外れることなく連結状態を維持してくれます。

ファンネルが折れ曲がる節目裏にはダボあり、装甲のダボ穴に差し込むことで折りたたんだ状態で固定できるようになっています。

武器などを含め、可動域など、より詳細なレビューは以下のリンクから通常版のレビューをご参考くださいm(_ _)m

⇒RG νガンダム レビュー

クリアーのアクションベース4が付属。底板3枚の連結と、長さのある支柱2本をくの字に組み合わせることでディスプレイ位置が変更できる多目的ディスプレイアイテムです。内容は以前レビューしたアクションベース4をご参考くださいm(_ _)m

⇒アクションベース4 レビュー

支柱の角度を変更するためのパーツ2種、3.0mmジョイントパーツが付属。

アクションベース4用のパーツが一通り付属します。これらは余剰扱いではなく、お好みで自由にお使いくださいとのことです。

Figure-rise Effect ジェットエフェクト(クリアイエロー)。説明書では、ジェットエフェクトパーツ6基、支柱パーツ6本、支柱組み換えパーツ6個を使うようになっています。

こちらも多数のFigure-rise Effect ジェットエフェクト用パーツが付属します。これらも余剰扱いではなく、お好みで自由にお使いくださいとのことでした。これらを使えばダブルフィンファンネルですべてのファンネルをディスプレイするには足りないかもですが、ある程度の数はディスプレイできそうです。

エフェクトパーツ。噴射をイメージしたクリアーイエローのジェットエフェクトパーツ2種と、クリアーのジョイントパーツで構成されています。パーツはすべてABS素材になっています。ブラックライトで照らしても発光はしませんでした。

後部の長いエフェクトパーツはモナカ割で合わせ目ができます。下部はジョイント可能な丸穴が2箇所に空いています。

ジョイントパーツが十字になっているので、RGνガンダムのファンネルに接続することができます。固定が弱く、やや外れやすいので注意です

ジョイントパーツは十字と3.0mm軸のものが付属するので、RGサザビーのファンネルや他のキットのエフェクトを再現するにも使えそうです。

先端に小型のエフェクトパーツを取り付けてエネルギー砲みたく表現したり、下部に別途エフェクトパーツを差し込むなど、様々な表現を演出することができます。改造するようになりますが、バーニアやスラスターのジェット噴射を演出することもできるようです。

支柱パーツを組み換えれば、タイプの違う支柱として使うこともできます。

ただアクションベースを使っただけの通常通りのディスプレイはもちろん可能ですし、

別売りの『RG νガンダム用ダブル・フィン・ファンネル拡張ユニット』と組み合わせればファンネルを展開直後の演出も可能になります。支柱同士の組み合わせが少し弱めなので、経年よって劣化することもありそうです。そうなると縦長に連結した時、フニャッと折れ曲がったりするようになるので、補強も必要になるかと。

通常通りのシンプルなファンネル射出状態も再現可能。支柱が細いので邪魔にならずファンネル単体が際立ちます。νガンダム本体があまり隠れることがないのもいいですね。

エフェクトパーツによってファンネルが活きているような表現が演出出来ています。

武装類も通常通りのものが付属するので、νガンダムの様々な演出が可能です。

RGサザビーでディスプレイ。こちらも演出力が高いですね。

以上です。参考画像などではややごちゃごちゃした感じも見受けられましたが、実物だと支柱の軸は細く目立たないですし、噴射エフェクトによってファンネルが活きているように見えるのでリアルさが増します。細かい接続パーツが多いので、支柱の角度もつけやすく、比較的自由に配置できるのもいいですね。

欠点的には、支柱各接続部の強度があまり高くないので、たまに重量で垂れたり、経年によって徐々に弱ってくる可能性があります。ボリュームが多いだけにすべての箇所を補強するのも手間なので、ある程度の強度は欲しかったですね。



この記事へのコメント

人気記事

更新ブログ情報

RSS取得