HGBD:R ν-ジオンガンダム レビュー 

22A8FF4A-41D0-4176-A453-170DCCAE927F.jpg

HGBD:R ν-ジオンガンダムは、『ガンダムビルドダイバーズRe:RISE』に登場するガンプラ『ν-ジオンガンダム』の1/144スケールモデルキットです。νガンダムをアレンジし、背部にはファンネルを改修したケープスラスターを装備。赤い機体色が印象的なキットになっています。ボウガンモードやビームソードモードへの変形ができる、特徴的なジオニックソードも付属。価格は3,410円(税込み)。

GBNを誰よりも愛するダイバーの『キャプテン・ジオン』が操るガンプラ『ν-ジオンガンダム』がキット化。2008年3月に発売されたHGUCνガンダムをベースに、サザビーを思わせる装甲を装備した特徴的な造形で再現されています。赤いカラーリングも印象的なキットになっています。

成型色は赤色と臙脂色がメイン。背部ケープスラスターや胸元『Z』マークなど部分的にゴールドを加え、キャプテン・ジオンのヒーロースーツのカラーをそのまま反映したかのようなカラーリングになっています。

HGUCνガンダムと同じ関節・構造で、ポリキャップ(PC-132A)をほとんど使い切ります。関節強度もまずまず高め。背部に大型のケープスラスターを背負っていますが、画像のように真横に並べているだけだと自立に影響はなく安定しています。

俯瞰。どことなく神々しさがありますね。

頭部。メット部やマスクなどはνガンダムと同じ。動力パイプのついた顎パーツや額のアンテナなどにジオン系の意匠が追加されています。メット部は1個パーツ構成なので合わせ目はありません。額の1つ目や後部センサーがシールでの色分けです。

HGUCνガンダムの頭部と並べて。

胴体部。腰回りはνガンダムの印象が強いですが、胸部は新規パーツでサザビーにも似た造形が再現されています。胸のZマークや腰の動力パイプはゴールドパーツでの色分け。

首はνガンダムと同じで裏に肉抜き穴があります。

リアアーマーは一部の装甲が新造されています。腰アーマーはνガンダムと同じで、フロントとリアアーマー裏にモールドが造形されています。股間部もνガンダムと同じボールジョイント接続。

腕部。ショルダアーマーや前腕の一部が新規パーツで造形されています。

二の腕はνガンダムと同じ筒型で合わせ目はありません。前腕はνガンダムの装甲に曲型の装甲パーツが追加された形状になっています。

前腕の装甲は組み換えられるようになっています。左右で組み合わせダボの形状が違うので注意が必要です。

ショルダーアーマーはνガンダムとサザビーの装甲を組み合わせたような形で新造されています。挟み込みタイプで上部に合わせ目ができます。バーニアは別パーツで色分けされています。

側面の装甲は可動式。

脚部。大腿部やヒザ下の中心部などはνガンダムで、ふくらはぎ内側や外側の大きな曲型装甲などが新造されています。

大腿部は前後挟み込みタイプですが、側面の合わせ目には段差がある造形になっています。膝から下は複数パーツの組み合わせで合わせ目もモールド化されています。

後部のスラスターカバーは可動式で、スラスターカバー内部や外側の曲型装甲下部はバーニアが別パーツで造形されています。

ソール部。νガンダムの印象を残しつつ、かかとなどが広がりのある造形が再現されています。足裏はつま先とかかとに肉抜き穴があります。

背部ケープスラスター。3基のフィン・ファンネルを並て連結し、マントを形成したようなデザインが印象的。

ケープスラスターのテリブルファンネルはそれぞれ4つに分離が可能。裏面はゴールド一色です。

ジョイント部は収納可能。筒型とボールジョイント型で2種あります。筒型ダボはバックパックに、ボールジョイントはデリブルファンネルの連結用です。

表面はゴールドのパーツに赤いνガンダムのファンネル装甲パーツを取り付けた簡単な構造です。

バックパックは左右2個パーツの簡単な組み合わせ。中央の合わせ目は段落ちモールド化されています。両脇にはコンバットナイフのホルダーを装備。


HG陸戦型ジム、HGルプスレクスと並べて。HGUCνガンダムが大型なので、ベースであるν-ジオンガンダムもかなりサイズ感があります。

HGUCνガンダムと並べて。腰回りや脚部など、似た部分は多いです。成型色と背部のファンネル形状が違うので、その分印象が違う感じですね。

HGBD:R登場機と並べて。ひときわデカいです;

顎が大きいので、顎引きはほとんどできません。一方の見上げる動きはかなり高くまで可動させることができます。顎が干渉するので左右への可動は45度程度まで。

腕はY字まで高く上げることができます。肘は90度程度まで。

肩の前後スイングはごくわずか。

腰のボールジョイント接続部を少し浮かせることで、上半身をわずかに前後スイングさせることができます。

腰は少し浮かせることで360度回転が可能。アクションベースへは、通常通り、股間部のポリキャップに3.0mm軸を差し込んでのディスプレイとなります。

フロントアーマーが水平以上に展開し、前方へは広く開脚が可能。リアアーマーが可動しないので、後方へは適度の展開となります。

膝は90度程度の可動。膝内部はνガンダムと同じで、シャフトシリンダーなど、メカニカルな造形が再現されています。

足首は前後、左右ともまずまず。特別広い可動ではありません。

左右への開脚はハの字程度まで。

内股、ガニ股ともに45度程度まで展開。

立膝をきれいな姿勢でこなすのは難しいようです。

可動域の総括としては、各部の装甲が新造されたことで肩可動などが若干制限されていますが、全体的にはHGUCνガンダムと同じくらいです。最新フォーマットに比べると物足りなさはありますが、適度にポージングはできますし、ある程度よく動くキットになっているのではないでしょうか。

支柱はハイメガボウガン下部の穴に差し込むだけでOKです。アクションベースの3.0mmジョイントでもディスプレイできなくはありませんが、サイズが合わずスカスカします。

先端を折り曲げて刀身部分を内側に寄せ、砲口にビーム刃を取り付けることでハイメガサーベルに。MGキットに付属しているような超大型武装です。

ν-ジオンガンダムと並べて。ジオニックソード自体はそれほどでもないですが、ビーム刃の長さは圧巻です;

ジオニックソードはバックパックに装着が可能。スライド固定させるので、保持強度は高いです。重量で後方に倒れることはありません。自立は安定しています。

ジオニックソードを保持して。グリップとハンドパーツとのサイズが合っているので、スルスル動くことなく保持ができています。ジオニックソードに重量があるので、手首がクルッと回ったりすることもあるので、支えがないとやや保持が難しいかも。キット自体は自立は出来ています。

ハイメガサーベルとして装備。持たせにくさはどうしてもありますが、保持させると大迫力の演出が可能です。

適当に何枚かどうぞ。

以上です。はじめはνガンダムの流用箇所が多く、どうなんだろうとも思いましたが、背部のケープスラスターが特徴的で、ポージングが思ったよりもかっこよく映ります。可動に柔軟性があり、様々な表現がしやすいのでいいですね。νガンダムが羽ものキットになったような印象があり、ポージングにも躍動感が出たりします。





この記事へのコメント

人気記事

更新ブログ情報

RSS取得