MG ジム・ドミナンス(フィリップ・ヒューズ機) レビュー

2A90ACD0-EEB9-47E8-8B8C-37C7DF85695B.jpg

MG ジム・ドミナンス(フィリップ・ヒューズ機)は、『機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY』に登場するMS『ジム・ドミナンス』のフィリップ・ヒューズ機1/100スケールモデルキットです。フィリップ・ヒューズ機用の黒い外装を成型色で、特徴的な自律砲台『ガンターレット』やバックパックを新規造形で再現。ガンターレットは背部に装備可能など、重武装感あるジム系機になっています。価格は6,050円(税込み)。プレミアムバンダイ限定の商品です。

本体部分は2018年6月に発送されたMG 1/100 ジム・ドミナンスとほとんど同じですが、各部のカラーリング、配色が大きく違っています。その他、背部に特徴的な自律砲台『ガンターレット』を装備。バックパックも一部が新造パーツで構成されています。

成型色は主にホワイトと深めのダークブルー。コックピットハッチはレッド、ダクト類はイエローで構成されています。落ち着いたバランスのいいカラーリングになっています。ガンターレットはグレーのみで、機械的な無機質感が表現されています。


一部にポリキャップ(PC-202)を使用したMGジム・スナイパーⅡフォーマット。MGガンダムVer.2.0などの内部フレームを使用し、細部まで細かく可動するキットです。背部にガンターレットを2本背負っていますが、自立にあまり影響はないようです。

俯瞰。

配色などを確認しつつ、簡単に一通り各部を見ていきます。まずはガンターレットを外した状態で。

頭部。複合センサーを有したバイザーや右側面のメカニカルなアンテナなどが造形されています。複合センサーやゴーグルはクリアーグリーンパーツによる再現。

内部は1つ目センサーなどが造形されています。

バイザーは可動式。

胸部から腰部。エアインテークや肩のダクト、コックピットハッチの表面や腰アーマー中央部などがパーツで細かく色分けされています。

コックピットハッチは開閉可能。内部にはパイロットフィギュアが内蔵されています。

リアアーマーを通常のMGジム・ドミナンス(画像右)と比べて。リアアーマー中央のラッチがオミットされ、ガンターレットの邪魔にならないよう、排除された形になっています。

腰アーマー裏は各部ともモールドの入った裏打ちパーツが造形されています。

腕部。造形的にはジム・ドミナンス全く変わりませんが、ショルダーアーマーやダクトなどが色分けされ、よりメリハリを感じる作りに。

腕部は合わせ目の出来ないパーツ構成。前腕にはボックスタイプビーム・サーベルを装備しています。ハンドパーツは親指が可動式で、残りの4指はパーツ組み換えタイプ。

ショルダーアーマーは側面のダクトがパーツで色分けされています。

脚部。ジム・ドミナンスと同型ですが、膝の装甲がホワイトに変わったことで、全体的にあまり主張しすぎないカラーリングになっています。

後部のバーニアは内部がイエロー成型色パーツでの色分け。

側面のスラスターは本体部が左右の組み合わせで、表裏面に合わせ目ができます。イエローのダクトは適度に可動します。

左大腿部にはサーベルホルダーを装備。サーベル柄は脱着可能です。素組みでもしっかりと固定されるので、塗装した場合は擦れによる塗装ハゲに注意が必要です。

ソール部はジム・スナイパーⅡから大きく変わりませんが、ジム・ドミナンスのアンクルアーマーが薄めで控えめな造形になっています。アンクルアーマーは左右の組み合わせで、端に合わせ目が出ます。足裏はマルイチモールドが色分けされているのがいいですね。

足裏はつま先とかかとを少し反らせることができます。

バックパック。本体は通常のジム・ドミナンスと同じ形状ですが、左右と中央下部にガンターレット装備用のホルダーが造形されています。

本体から外して。

バックパックの接続は通常のジム・ドミナンスと同じく、ポリキャップが内蔵された角型ダボ接続です。保持強度はまずまず。

内部フレームが造形されています。

ガンターレットの砲口部分を固定する上部ホルダーは開閉が可能。付け根は可動せず、フレームの内側には肉抜き穴があります。

ガンターレットのトライポッドを固定する下部ホルダーは、付け根が回転可動します。

中央下部のフレームは簡単に脱着が可能ですが、側面のフレームはバックパックをバラさないと脱着できません。

ガンターレット。多数のパーツが組み合わさって構成され、メカニカルでしっかりとした作りになっています。砲身などは合わせ目ができますが、本体部分の一部合わせ目は段落ちモールド化されています。


ガンターレットを取り付けるときは、下部のホルダーを少し手前に向けておき、上部のホルダーは開いておきます。

そしてガンターレットの三脚部分を下部のホルダーに差し込み、元の位置に戻します。

最後に上部のホルダーを閉じたらガンターレットの装着完了です。カンタン。

両側にガンターレットを装着した状態。ガンターレットはどちらも同じ形状なので、装着すると向きが変わって左右非対称の形になります。

通常のジム・ドミナンスと並べて。カラーリングが違うので印象もだいぶ違って見えます。※通常のジム・ドミナンスは脚部バーニアの内部パーツを取り付けていません。


腕は広く後方に移動させなければ、特にガンターレットと干渉することもなさそうです。

フロントアーマーがあまり開かないので、立膝をさせるとフロントアーマーが外れやすいです。自然な形での立膝は少し難しいかも。

ガンターレットを自律させて。

適当に何枚かどうぞ。

以上です。ジム・ドミナンス本体に関しては、MGならではの細部の色分けが再現されていますし、近未来的なフォルムでかっこいいキットに仕上がっていると思います。カラーリングも通常のものとは違うフィリップ・ヒューズ機専用の配色になっていて渋さを感じます。






この記事へのコメント

人気記事

更新ブログ情報

RSS取得