HGBD:R アースリィガンダム レビュー

今回は、HGBD:R 1/144 アースリィガンダムのレビューをご紹介します!

A940ABAB-5AAA-41A8-9095-6ED34B1D6AC2.jpg

HGBD:R アースリィガンダムは、『ガンダムビルドダイバーズRe:RISE』に登場する主人公機『アースリィガンダム』の1/144スケールモデルキットです。核ユニット「コアガンダム」とサポートメカの「アースアーマー」が合体することでアースリィガンダムに換装。ビルドカスタムを超えた新たな新機構「コアドッキングカスタム」を採用し、カラーやウェポンを組み合わせることで自分だけのオリジナルガンダムも構築可能なキットになっています。価格は1,540円(税込み)。

コアガンダムをベースに、『プラネッツシステム』によってアースアーマーと合体構成されるアースリィガンダムがキット化。主人公のヒロトがRX-78 ガンダムを参考に製作したオリジナルガンプラです。※太陽系の惑星名をイメージしたサポートメカと合体することで、機体特性を変化させる連携合体換装システム。

成型色はブルー、イエロー、レッド、ホワイトなど、ガンダムタイプ定番のカラー。ですがその名のとおり、地球をイメージする青が際立つ配色になっています。センサーなど部分的にシールで補いますが、塗装で補う箇所はわずかです。

ポリキャップはHGBD:Rでも変わらずPC-002を採用。使用箇所はそれほど多くはなく、KPSパーツを使用した関節で強度はまずまず高め。大きな背負いものはなく、バランスのいい人型タイプで自立は安定しています。

まずはアースアーマーをパージしたコアガンダムから見ていきます。コアガンダムを全身から。これまでのガンプラでもあまり見ない小型サイズのキットになっています。設定での全長は14.1mm。

可愛らしさや短足感などいろんな見え方がありますが、構造的にはしっかりとしていてリアルさもあります。小型なのでかなり取り扱いやすいですね。

頭部。RX-78-2をベースにしたと言われるシンプルなフォルム。前後挟み込みタイプで、上部から側面にかけてできる合わせ目は段落ちモールド化されています。とさか前後のセンサーはシールでの色分け。ツインアイは赤いパーツにシールを貼っての色分けです。

胸部から腰部。小型機ながらもガンダムの要素を持った造形が再現されています。エアインテークや胸元のセンサー?、腰アーマーなどが別パーツで色分けされています。

肩関節は外側に引き出しが可能。コアガンダムとしての肩可動域が広がりますし、アースリィガンダムへの組み換え時にも展開させる部分です。

腕部。モールドもなく、細身でいかにもコアキットというようなプレーンな造形になっています。二の腕は筒形、前腕は左右挟み込みタイプですが合わせ目は端でモールド化されています。

ショルダアーマーも合わせ目は端でモールド化されています。

脚部。大腿部や付け根は肉厚で力強さがありますが、膝から下は細身のいかにもベース機といった造形。ただ、軽量な印象で機動性は高そうです。

大腿部は筒型で、膝装甲も合わせ目が端でモールド化されています。大腿部の付け根パーツでさえも合わせ目はありません。足裏は一部に合わせ目ができます。

バックパックはサーベル2本、バーニア1基を装備したシンプルなスタイル。

角型ダボ接続で、強度は高め。他のHGキットとは違う形状なので、組み換えはできないようです。

バックパックはリアアーマーにもマウント可能でした。サーベルホルダーは上部に展開が可能。

コアガンダムをHG陸戦型ジム、HGルプスレクスと並べて。大人と子供くらい、サイズに違いがあります。

頭部は顎引き、見上げる動き、ともに広めに展開が可能です。左右へも干渉なくスイング可能。首はポリキャップパーツです。

腕はY字程度に高くまで上げることができます。肘も完全に折り曲げる事が可能。

胸部や腹部が可動しないため、上半身の前後スイングはほとんどできません。なので画像は省きました。腰は少し浮かせることで360度回転が可能です。フロントアーマーが干渉しやすいので注意。アクションベースへは、股間部にマウントパーツを差し込んでのディスプレイです。

腰アーマーがないので、前後開脚は干渉なく、かなり広くまで展開が可能です。うまくやればもっと広く可動させることもできます。とても柔軟。

膝は90度程度まで。

足首は広めに前後スイングが可能です。この可動部は、アースリィガンダムでは膝関節の一部になります。


バックパックにマウントパーツをかませることで、背中にシールドをマウント可能です。

マウントパーツはリアアーマーにも取り付けられ、シールドを装備することができました。

コアスプレーガン。モナカ割で最小限のパーツ構成ですが、合わせ目は段落ちモールドが施されています。

センサーはシールでの色分け。

シールドとコアスプレーガンを装備して。ともにハンドパーツに差し込むだけで保持が可能です。ハンドパーツは組んだ直後は問題ないですが、経年劣化でバラけ頻度が高くなるかもです。

ポージングの自由度がかなり高いですね。足首もよく曲がるので接地性が高く、安定したポーズが再現可能です。

サーベル柄は太めではありますが、しっかりと固定されるわけではなくスルッと抜けてしまうこともあるので注意です。

アースアーマーとともに。

アースリィガンダムをHG陸戦型ジム、HGルプスレクスと並べて。標準的なサイズです。アースリィガンダムの全高は18.7m。

頭部の可動はコアガンダムとほぼ変わらずで柔軟。

腕はショルダーアーマーの大型化によってやや制限されます。ただそれでも水平以上に可動します。肘は変わらず深くまで曲がります。

肩はある程度の前後スイングは可能です。

腰は干渉しやすいですが、一応360度回転可能です。

腰にアーマーを装備していますが、前後開脚は広めに展開が可能。リアアーマーを装備したことで後方には少し制限されています。

膝は二重関節によって深くまで曲がるようになっています。膝裏の肉抜き穴が少し気になるかも。

足首は前後に適度に可動し、左右ヘは完全に折り曲げることができます。

左右への開脚はコアガンダムの可動域とほぼ変わらず。広く展開が可能です。

内股、ガニ股もコアガンダムと変わらずで広範囲に可動します。

立膝は若干の崩れはありますが、それでも十分きれいな姿勢でこなしてくれていると思います。

アースリィガンダムの可動域総括としては、アースアーマーをまといながらも、コアガンダムの可動を殺さない、広範囲な可動域を持っています。ポージングも自由にできそうですし、よく考えられていて関心させられます。

シールドはアースアーマーのテール部パーツと組み合わせて大型化。

コアスプレーガンもアースアーマーのビーム砲と組み合わせてビーム・ライフルに。しっかりとはまり込むので、簡単に分解することはなさそうです。

砲口は組み換えることで展開状態が再現可能。

ビーム・ライフルとシールドを装備して。ビーム・ライフルはハンドパーツにグリップを差し込むだけの簡単な保持となります。保持強度はまずまず。

シールドはコアガンダムとは異なり、前腕にマウントしてグリップを握る形になります。2箇所で固定(保持)するので、保持強度は高いです。(コアガンダムと同じ持ち方もできます。)

アースリィガンダムも足首が深くまで曲がるので、自立時の安定性は高めです。ただ脚底面積が小さいので、その分は不安定さがありますね。

ビーム・ライフルの砲口を組み換え、シールドと連結することで強力な射撃体勢が再現可能。

適当に何枚かどうぞ。

以上です。コアガンダムの作りはしっかりとしていますし、アースアーマーもフライトユニットとしての重量感ある作りが再現されています。組み換えのアースリィガンダムもバラけることなくポージングできるなど、いろんな要素が楽しめるのがいいですね。構造的にもよく、アイデア性の高いキットになっていると思います。



この記事へのコメント

人気記事

更新ブログ情報

RSS取得